金融事故は信用情報に5年程度登録されます

海外クレジットカードの取得

通常クレジットカードや各種金融商品の利用代金を長期に渡って延滞したり、支払い不能=多重債務になって債務整理を行った場合には、その事実が個人信用情報機関の信用情報に登録されてしまいます。そして、信用情報に登録された事故情報は5年程度残ってしまうため、この期間はクレジットカードを作る事はほぼ不可能になります。

そのため、こういった人の中には日本国内ではなく海外クレジットカードであれば日本国内の信用情報が見れないため作れるのでは?と考えている人がいるようです。

 

もっとも、日本はもとより世界各国はクレジットカード社会となっているため、5年程度もクレジットカードが持てないとなると、今までクレジットカードを利用してきた方にとっては毎日の生活が不自由になる可能性があります。

今までの生活が不自由になるのであれば、日本よりも海外クレジットカードを作った方が良いという考えは分からなくは無いのですが、実際に海外のクレジットカードは作る事が出来るのか?出来るのであればその取得条件について解説します。

 

スポンサーリンク


海外クレジットカードを取得するための条件は厳しい

これは日本のクレジットカードでも海外のクレジットカードでもそうですが、取得するためには審査に通る必要があり、日本のクレジットカードを取得するためには日本国内に在住の方という申込条件があります。

この条件がある限り、日本で発行されているカード審査に申し込むためには日本国内に在住していること=海外に住んでいる人は申し込む事が出来ません。

そして、この申込条件は当然の事ながら海外クレジットカードにもあって、海外クレジットカードを取得するためには目的とするカードを発行しているクレジットカード会社がある国で一定期間居住する必要があるのです。

申込条件は海外に居住していること

先程も解説しましたが、基本的に日本に居ながら海外のクレジットカードを取得する事は出来ません。ただ、外資系の企業や大手の企業など、海外にも拠点を置いている企業の役員の方で海外銀行へ多額の資金を預け入れている場合には海外クレジットカードの取得が可能となっています。

しかし、そういった人はほんの一握りだと思いますし、そもそも海外の銀行へ多額の資金を預け入れている人を探す方が困難な気がします。また、近年では海外の銀行が日本人向けの口座開設に対して難色を示しているという話も聞いており、海外銀行の口座開設すら出来ない人も多くいるようです。

それはともかく、海外クレジットカードを作るためにはその国へ一定期間居住する必要があるため、実際にカードを作るためにはそれ相応の資金が必要になる事は言うまでもありません。

アメリカのクレジットカード取得にはクレヒスが必要

また、アメリカのクレジットカードを取得するためには、実際にアメリカに住んで働き、国民年金に加入すると発行される社会保障番号や納税者番号などが必要となってきますので、日本に居住しながらなどという事は到底不可能だという事が分かりますよね。

さらに言えば、日本のクレジットカード審査ではかなり重要な要素となっているクレジットヒストリー(クレヒス)が、実はアメリカの審査でも重要になっているのです。そのため、アメリカのクレジットカードを取得するためにはあらかじめある程度のクレヒスを積み重ねておく必要があるのです。

ちなみに、このクレヒスはあくまでアメリカ国内における金融商品の利用履歴であって、当然ですが日本国内のクレヒスは対象外となっているため注意が必要です。もっとも、いくら日本で良好なクレヒスを積み重ねていたとしても、アメリカに行ったらそんなものは関係ありませんから。

 

学くん学くん

アメリカのクレジットカードを作るためには、アメリカに一定期間居住して働き、銀行口座を開設とともにある程度のクレヒスが必要になってくるため、そのハードルはとても高くなっています。

インターネット上の甘い言葉に騙されないように

日本に居住していながら海外クレジットカードを作りたいという人は、そのほとんどが日本国内の個人信用情報機関の信用情報に事故情報が登録されており、日本で発行されているカード審査に通る事が出来ない人になります。

もっとも、普通に考えたら日本のクレジットカードがあれば日本国内はもとより海外での利用が可能となっていますので、わざわざハードルの高い海外クレジットカードを作ろうとは思いませんよね?

そのため、インターネット上には、そういった人をターゲットにして海外クレジットカード取得のための仲介業者(?)がいくつかありますが、この仲介業者には注意する必要があります。

 

その理由は、ネット上で仲介業者を名乗ってあたかも本当に海外クレジットカードの取得が可能だと思わせておきながら、実際には仲介手数料なるものを取られて終わり=海外クレジットカードが発行される事はないからです。

これは、先程解説しましたが、日本人が海外カードを取得するためのハードルはとても高く、まして本人が海外に居住していないのに発行される訳が無いのですから。

百歩譲って仮に海外クレジットカードが発行されたとしても、本人が海外に居住していない、海外のクレヒスもないなどの理由から詐欺による取得の可能性が高く、仮に最初は使えたとしてもその後使えなくなる可能性が高くなります。

 

ですので、いくら海外のクレジットカードが欲しいからと言っても、こういった仲介業者の甘い言葉には騙されないようにして下さい。

 

学くん学くん

インターネット上の仲介業者には決して騙されないようにして下さいね。