運転免許証は信頼性が高い本人確認書類です

運転免許証番号には注意が必要

クレジットカード審査では、基本的に審査申込の段階で本人確認書類の提出が必須となっています。(中には例外有り)そのため、私たちがクレジットカード審査に申し込む際にはあらかじめ運転免許証や健康保険証、パスポートなどの本人確認書類を用意しておく必要があります。

そして、これら本人確認書類の中では最も信頼性が高くなっているもの、それが今回の記事で取り上げる運転免許証になります。その理由としては、この運転免許証には運転免許証番号が付いており、この運転免許証番号は基本的に免許取得から変わる事が無い=固有の番号となっているからです。

そこで、今回の記事ではクレジットカード審査では一番信頼性が高い運転免許証について、その番号の詳細まで説明していきます。審査では、この運転免許証番号はとても重要になりますので覚えておいた方が良いと思います。

 

スポンサーリンク


運転免許証の信頼性が高い理由はこれ

何故、クレジットカード審査では運転免許証の信頼性が高くなっているのか?について良く分かっていない人がいると思いますので、ここで簡単にその理由について説明します。

この自動車運転免許証ですが、そこにはクレジットカード審査で重要になる住所や氏名、生年月日など申込者本人を特定するために重要な情報が、それも顔写真入りで記載されているため、数ある身分証明書の中ではその信頼性が一番高くなっています。

 

もっとも、これだけの要素だけでもその信頼性は非常に高いのですが、運転免許証には12桁からなる固有の番号が付いており、過去に金融商品審査の際に本人確認書類として運転免許証を提出していると、信用情報に運転免許証番号が登録される事になります。

すると、その後また金融商品審査の際に本人確認書類として運転免許証を提出した場合、信用情報に登録されている運転免許証番号と照合すれば申込者と信用情報に登録されている人物が同一であると証明される事になりますよね?

 

さらに言えば、審査申込者が住所や電話番号、勤務先などの属性情報が色々と変わっていても、この運転免許証番号を照会すればそれが本人だとすぐに分かるため、本人確認書類の中では一番信頼性が高くなっているのです。

クレジットカード審査では、申込者本人の属性情報はもちろん信用情報も調査して審査を行うため、審査申込者と信用情報に登録されている情報の持ち主が同一であると、スムーズに審査が進むと共に確実に信用情報が申込者本人のものだと分かるため、審査においては運転免許証が一番信頼性が高くなっているのです。

運転免許証番号についている固有番号について

ここからは、運転免許証に付いている12桁からなる固有の番号について、それぞれ説明していきます。この運転免許証番号は固有の番号となっており、それぞれの番号にはとても重要な意味があるのです。

 

学くん学くん

運転免許証番号にはそれぞれ意味があるのです。

 

免許証番号の例:123456789012

●最初の2桁(12)→最初に免許を取得した都道府県コード
●次の2桁(34)→免許を取得した年度(2014年取得の場合は14)
●次の6桁(567890)→本人の番号
●次の1桁(1)→読み取り誤りをチェックするための番号
●最後の1桁(2)→紛失再発行番号

カード会社では運転免許証番号の独自収集を行っています

これは全てのクレジットカード会社で行われているという訳ではありませんが、ごく一部のクレジットカード会社(主に大手と呼ばれている会社)では、自社独自で顧客の運転免許証番号を収集して自社データベースに登録しています。

すると、過去に金融商品で何らかの金融事故を起こしている場合において、審査申込の際に運転免許証を本人確認書類として提出すると、自社データベースの照合にて過去の金融事故が発覚する=審査に通らない可能性が非常に高くなってしまいます。

そのため、過去に金融事故を起こしている人は、審査前の事前対策の意味も含めてクレジットカード審査を含めた各種金融商品の審査では運転免許証以外の本人確認書類の提出をお勧めします。

 

クレジットカード審査に通らない人は事前対策が必須になります

クレジットカード審査申込前の事前対策は必要です現在クレジットカード審査に通らない人は、そのまま審査申込を継続しても審査に通らない可能性が高いです。その理由は、審査に通らない原因が解消されていないからです。そのため、クレジットカード審査に通らない人は、まずは通らない原因を突き止めてその原因を解消する事から始める必要があります。もっとも、審査に通らない原因を解消するためにはある程度の期間が必要になるケースが多々ありますので、原因を解消→審査に通るまで多少なりとも時間が掛かる事になります。 ただ...

 

信用情報にも運転免許証番号が登録されています

先程も少し出てきましたが、各種金融商品の審査の際に本人確認書類として運転免許証を提出していた場合には、本人確認情報として運転免許証番号が信用情報に登録されます。そのため、過去に金融事故を起こしている人は注意が必要です。

もっとも、過去に金融事故を起こしている人は、本人確認書類以外の要素によっても事故情報が発覚する可能性は十分ありますが、審査前の事前対策としては運転免許証以外の本人確認書類の提出が必須となります。

 

学くん学くん

信用情報にも運転免許証番号が登録されるため過去に金融事故を起こしている人は注意が必要です。