審査で提出する本人確認書類は運転免許証が最適です

運転免許証番号の重要ヶ所

クレジットカード審査では、申込者本人であることを確認するために運転免許証や各種健康保険証、住民票の写しやパスポートなど、本人であることが確認できる書類の提出が必須となっています。

もっとも、第三者による不正申し込みを防ぐためには、申込者が本人である事を確認するためにもこれら本人確認の書類の提出は必要になりますが、この中でも運転免許証は特に重要になってきます。

その理由は、運転免許証には固有の番号が付いており、この固有の番号のある箇所によってはクレジットカード審査で不利になる可能性があるためですが、今回の記事ではこの運転免許証番号で重要になってくる箇所について説明します。

 

スポンサーリンク


運転免許証番号は固有の12桁からなる番号で構成されています

下記の記事でも説明していますが、運転免許証番号は固有の12桁からなる番号によって構成されており、それぞれの番号にはきちんとした意味があります。

 

運転免許証番号の詳細はこちら

運転免許証は信頼性が高い本人確認書類ですクレジットカード審査では、基本的に審査申込の段階で本人確認書類の提出が必須となっています。(中には例外有り)そのため、私たちがクレジットカード審査に申し込む際にはあらかじめ運転免許証や健康保険証、パスポートなどの本人確認書類を用意しておく必要があります。そして、これら本人確認書類の中では最も信頼性が高くなっているもの、それが今回の記事で取り上げる運転免許証になります。その理由としては、この運転免許証には運転免許証番号が付いており、この運転免許証番号は基...

 

そのため、クレジットカード審査の本人確認書類で運転免許証を提出する場合には少し注意が必要です。特に、過去の本人確認書類で運転免許証を提出している人で金融事故を起こしている場合には、各種金融商品審査の際には運転免許証以外の本人確認書類の提出が必須となります。

最後の1桁の紛失再発行番号は重要です

先程も説明しましたが、運転免許証番号の最後の1桁は紛失再発行番号になります。そして、この紛失再発行番号が0の場合は紛失再発行回数が0回=運転免許証の取得から紛失した回数が1度もないという意味になります。

もっとも、運転免許証は自動車を運転する際には常に携帯しておく必要がありますので、普通であれば紛失する事はまずないと考えられます。ただ、中には運転免許証を紛失してしまう人がいるため、最後の1桁は紛失のための再発行番号となっているようです。

 

そして、クレジットカード審査では、この紛失再発行番号が結構重要になっており、この番号が1・2・3と増えていくに従って紛失再発行回数が多くなる=クレジットカード会社から要注意と判断されてしまうのです。

というのも、この紛失再発行番号が増える=免許証の管理が出来ていない、または免許証が変造されている可能性があるからです。

クレジットカードと同様に、運転免許証も絶対に紛失してはいけないものですが、これを何回も紛失しているという事は、クレジットカードの管理も出来ないのではないのか?と疑われる可能性があります。

 

また、免許証の変造はクレジットカードが詐欺に使われる可能性があるため、これは審査においては不利になる材料となってしまいます。そのため、運転免許証の紛失再発行回数が多くなっている人は、健康保険証やパスポートなど他の身分証明書を提出した方が良いです。

 

学くん学くん

運転免許証の紛失再発行番号が大きい人は他の本人確認書類の提出がお勧めです。

運転免許証の管理には十分注意が必要です

何を当たり前の事を言っているんだと怒られそうですが、運転免許証の紛失→再発行を繰り返していると紛失再発行回数が多くなり、紛失再発行回数が多くなっている運転免許証を本人確認書類として提出=運転免許証の管理がうまくできていない人と判断される可能性が高いです。

その結果、クレジットカード会社からは運転免許証の管理が出来ない=クレジットカードの管理も上手くできない可能性がある=信頼性に欠ける人と判断されてしまい、クレジットカード審査では不利になってしまいかねません。

 

もっとも、クレジットカードに関しては、ツケ払いというその特性から毎月きちんとカードの利用管理をしていかないとあっというまに債務が膨らんでしまう=多重債務になってしまう可能性があります。

そういった人をクレジットカード審査に通してしまうと、その後多重債務になってしまい返済不能に陥る可能性がある=カード会社側では不良債権に繋がってしまうため、日頃から運転免許証の管理は重要になります。

 

学くん学くん

運転免許証の管理と同様にクレジットカードの管理も重要になります。

まとめ

クレジットカード審査では、居住年数や勤務先、年収などの属性情報や借入件数や借入残高などの信用情報は重要な判断材料になります。

ただ、これらの情報以外にも支払いを含めてクレジットカードの管理が出来るのか?についても重要になるため、運転免許証の紛失回数には十分注意する必要があります。