審査後の再申し込み

審査後の再申し込みせっかく熟慮を重ねてクレジットカード審査に申し込んだにもかかわらず、審査に落ちてしまったという事は誰でもあると思います。

ただ、熟慮を重ねたので何としてもそのクレジットカードが欲しい、そもそも何故審査に落ちたのか?が分からないと思い、再度そのクレジットカード審査に申し込む方がいます。

 

しかし、審査落ちしたクレジットカードにすぐに申し込んでも審査に通る事は難しく、審査落ちする可能性の方が高くなってしまいます。それでは、何故審査落ちしたクレジットカードへの再申し込みでは、再度審査落ちする可能性が高いのか?について説明します。

 

スポンサーリンク


審査落ちしたクレジットカードへの再申し込みがNGな理由について

せっかく選んだクレジットカードなので、何回審査に落ちても再申し込みをして何とか手に入れたいと思う事は仕方ありません。

ただ、一旦クレジットカード審査に落ちたにも関わらず、待期期間を空けずに申し込んでしまっても、審査落ちした理由の改善が難しいため、再度審査に落ちる可能性が高くなります。

クレジットカード審査に落ちる理由

クレジットカード審査に落ちる理由については、下記の記事で詳細に説明しています。

 

クレジットカード審査に落ちる理由

 

また、クレジットカードの審査基準については、下記の記事で詳細に説明しています。

 

クレジットカードの審査基準

 

これらの記事を読んでいただければ分かりますが、クレジットカード審査に落ちる理由について、

年収の問題
居住年数の問題
勤続年数の問題

などがありますが、これらの問題を短期間で解決する事はかなり難しくなります。例えば、現在の年収が150万円の方が1ヶ月後に300万円になったり、居住年数や勤続年数が半年の方が1ヶ月後には居住年数や勤続年数が1年になる事はまずありません。

ですので、一度審査に落ちてしまったクレジットカードへの再申し込みについては、ある程度の期間を空けて、これらのいわゆる属性情報が改善されてから申し込んだ方が審査に通る可能性は高くなります。

 

学くん学くん

一度審査に落ちたクレジットカードには、ある程度の期間を空けて属性情報を改善してから申し込んで下さい。

再申し込みのタイミングはこちら

クレジットカード審査では、審査への申込があると申込情報が個人信用情報機関の信用情報に登録され、この申込情報は登録後6ヶ月間信用情報に残る事になります。

そして審査に通れば今度は成約情報が登録されるため、個人信用情報機関に加盟している金融会社では成約情報有り=審査に通っている事が分かります。

 

ただ、審査に落ちてしまうと当然ですが成約情報は登録されないため、申込情報だけが残ってしまうため、加盟している金融会社では審査に落ちている事が分かってしまいます。

そのため、一度クレジットカード審査に落ちた場合には、信用情報から申込情報が削除される6ヶ月間は再申し込みを行わない方が良いです。

他のクレジットカードであれば申し込みは可能です

クレジットカード審査については、一般的なクレジットカードの審査基準がありますが、詳細な審査基準については各クレジットカードによって微妙に異なっています。

もっとも、各クレジットカードによって取り込みたい顧客層には違いがあるため、目的の顧客層の獲得のために審査基準が異なっている事はごく当たり前と言えます。

そのため、Aクレジットカード審査に落ちてもBクレジットカード審査には通ったという事例が複数報告されていますので、Aクレジットカード審査に落ちてもBクレジットカード審査に申し込む事は可能です。

 

ただ、先程の信用情報のところでも出てきましたが、信用情報には申込情報が6ヶ月間登録されているため、この6ヶ月間であまりに多くのクレジットカード審査に申し込んでしまうと審査に落ちる可能性が高くなります。

クレジットカード会社からすれば、信用情報に申込情報だけが複数登録されているにも関わらず成約情報が少なければ、審査に落ちてばかりいる=何らかの問題があるでは?を判断される可能性があるため注意が必要です。

 

学くん学くん

短期間での度を超えた審査申込は、クレジットカード審査では不利になります。