家族カード申込者には審査がありません

家族カード審査

この家族カードは、本会員のクレジットカードに付随しているカードになり、基本的には本会員と生計を同一にしている家族のみ作る事が可能となっています。そして、この家族カードは本会員のカードに付随しているため、基本的に家族カード申込者の審査はありません。

家族カード申込者の審査が無い=基本的には家族カード審査に申し込めば後日家族カードが送付されてくる事になります。そのため、家族カード審査に不安があるという人でも、基本的には安心して審査に申し込んでも良いのです。

 

ただ、ここまで基本的にという言葉を何度か使ってきたように、この家族カード審査も一般的なクレジットカードと同様に100%はありません。100%が無いため中には家族カード審査に通らない人もいます。

基本的に家族カード申込者の審査が無いため、家族カード審査に申込を考えている人にとっては『何故審査に通らないのだろうか』と不思議に思うかも知れませんね。そこで、今回の記事では何故家族カード審査に通らない人が居るのか?について説明します。

 

スポンサーリンク


家族カードとはこのようなカードです

この家族カードは、クレジットカードの本会員と生計を同一にしている家族のみが持つ事が可能なクレジットカードになります。その名の通り、家族のみが持てるカードのため、家族カードと言う名称になったのでしょう。

そして、この家族カードですが本会員と同様のサービス(年会費無料や各種保険やポイントサービスなど)を受ける事が可能となっていますので、家族という名前は付いていますが通常のクレジットカードとしての利用が可能です。(ポイントは本会員と合算されます)

また、名前は家族カードですが、クレジットカード券面に家族と書かれている訳ではないため、実店舗で利用する際にも店員に家族カードだという事がバレる事もありません。

家族カードの申込条件とは?

家族カードの申込条件ですが、下記の通りとなっています。

●本会員と生計を同一にする家族=配偶者・親・子供(高校生をのぞく18歳以上)の方に限る

家族という名前のクレジットカードになりますので、本会員の家族という条件はごく当たり前と言えますね。ただ、この申込条件ですがクレジットカードによっては生計を同一にしている兄弟でもOKというカードもあるため、申込条件の詳細は各クレジットカード会社へお問い合わせ下さい。

 

学くん学くん

家族カードの申込条件は、本会員と生計を同一にしている家族のみとなっています。

家族カード利用代金の支払いは本会員が行います

本会員のクレジットカードに付随している家族カードになるため、その利用代金の請求は本会員のクレジットカード利用代金を合算されて請求されます。つまり、家族カードの支払いは本会員が責任を持って行う事になりますので、家族カード会員は本会員の同意を得てから家族カード審査への申込を行う必要があります。

家族カードを使い過ぎたため、本会員の支払い能力を超える=支払いを延滞してしまうと本会員の信用情報に延滞情報=事故情報が登録されるため、同意を得る事はもちろん、家族カードの使い過ぎにも細心の注意を払う必要があります。

また、家族カード利用代金の請求書は、本会員のカード利用代金の請求書とともに本会員宛に送付されますので、あまり変なものを購入するとその情報が本会員にバレてしまいますよ。(家族カード利用代金の明細書は本会員の明細書の中に記載されます)

 

学くん学くん

家族カード利用代金の返済は本会員が行うため、家族カードの使い過ぎには注意しましょう。

家族カード審査はこのように行われます

当記事を読まれているあなたにとっては、ここが一番気になるところだと思いますが、この家族カード審査では家族カード申込者の審査は行われずに、本会員の審査が行われます。

というのも、先程も説明しましたが家族カード利用代金の支払いは本会員が行うため、家族カード利用者の支払い能力があろうとなあかろうと関係が無く、一番重要な事は本会員に支払い能力があるのか否か?になるのです。

そのため、この家族カード審査では個人信用情報機関の信用情報を照会して本会員の自社及び他社における利用状況(支払い状況)を確認した上で、今後の支払い能力に問題が無ければ審査通過=家族カードが発行される事になります。

 

ちなみに、家族カードの利用限度額は、家族カードが本会員のクレジットカードに付随しているという性格上、本会員の利用限度額に含まれるため、家族カードの使い過ぎで本会員のクレジットカードの利用限度額を圧迫しないよう注意が必要です。

家族カードと言えど審査に落ちるケースがあります

家族カード審査申込者の審査はありませんが、それでも家族カード審査に落ちる場合があります。それは、本会員の信用状況に何らかの問題が発覚した場合です。もっとも、家族カード利用代金の支払いは本会員が行うため、本会員に家族カード利用代金の支払い能力が無ければ審査に落ちる事も仕方ありませんけど。

また、本会員の信用状況以外の理由でも家族カード審査に落ちるケースがあります。それは、家族カード申込者が過去にそのクレジットカード会社で重大な金融事故(長期延滞や債務整理など)を起こしているケースです。

 

クレジットカード会社では、個人信用情報機関の信用情報以外にも自社データベースを用意しており、この自社データベースに申込者の事故データが登録されていると、いくら家族カード審査と言えど審査に落ちる可能性が高くなってしまうのです。

そのため、過去に重大な金融事故を起こしている人は、家族カードを申し込む予定のクレジットカード会社で金融事故を起こしていないのか?の確認が必要になります。

 

学くん学くん

家族カード審査申込者の過去における金融事故状況や本会員の信用状況次第では審査に落ちる場合があります。

家族カードの発行日数について

家族カードの発行日数ですが、これは各クレジットカード会社によって異なっていますが、概ね審査申込から約10日~2週間程度で送付されてくるケースが多いようですね。家族カード審査申込者の審査が無いクレジットカードですが、発行までは一般的なクレジットカードの発行日数と同じくらいだと考えておいて下さい。

まとめ

クレジットカード審査に通らない人にとっては、クレジットカードを持つための救いとも言える家族カードですが、カード本会員の属性情報や信用状況によっては家族カード審査に通らない可能性があります。

そのため、家族カードに申し込む際には、あらかじめ本会員に対して金融関連の支払いにおいて何か問題が発生していないのか?の確認を行った方が良いです。