突然クレジットカードが使えなくなる事があります

クレジットカードが使えない理由

今まで何事もなく使えていたクレジットカードですが、ある日突然使えなくなる事があります。今まで使えていたものが使えなくなる、それもある日突然そうなってしまったらかなり慌てるのではないでしょうか?

もっとも、こんな事を書いている私も、過去(かなり昔)に突然クレジットカードが使えなくなった事がありますので、その時は使えない理由が分からずあたふたした事があります。

ただ、これは日頃からクレジットカードの管理が出来ている人には起こりえない事なのですが、あまりにカード管理がずさんになっていると十分起こる可能性があるのです。

 

そして、今までクレジットカードをよく利用していた人であればあるほど、クレジットカードが使えない影響は大きくなってしまうため、クレジットカードの利用停止は何としても避ける必要があります。

そのためには、あらかじめクレジットカードが使えなくなる理由を把握しておいて、日頃から十分注意しながらカードを利用する必要があります。そこで、今回の記事ではクレジットカードが使えない理由について解説します。

 

スポンサーリンク


クレジットカードが使えない理由はこちら

あなたは、ごく普通にお店での買い物の決済にクレジットカードを出したところ、ショップ店員さんからこのクレジットカードは使えませんと言われて焦った事はありませんか?

これは、先程も書きましたが過去に私が経験した事であり、使えると思ってクレジットカードを出したにも関わらず使えないなんて、当時は正直かなり焦りましたよ。もっとも、焦ったと同時に少し恥ずかしい気持ちにもなりました。

だって、使えると思って自信満々にクレジットカードを出しておきながら使えませんと言われたら、それは誰だって恥ずかしくなりますよね?

 

それはともかく、当時クレジットカードが使えなかった理由は、単純にカードの利用限度額オーバーだったんですよね。そこでの買い物が数千円であれば限度額をオーバーする事はありませんでしたが、ちょっと高めの商品を購入しようとしたため限度額を超えてしまったのです。

もっとも、これは常にクレジットカードの利用限度額を意識していれば防げた事ですが、当時はあまりそういった意識が無かったので、結果的にカードが一時的に利用停止になってしまいました。

そのため、その後は常にクレジットカードの利用限度額を意識しながら使っています。当たり前の話なんですけどね。

 

学くん学くん

ここからは、実際に考えられるクレジットカードが使えない理由について解説していきます。

停止理由 クレジットカードが使えない理由の詳細
クレジットカードの有効期限切れ

単純にクレジットカードの有効期限が切れているとカードは使えません。あなたは、クレジットカード会社から有効期限が更新されたカードが届いているのに財布の中には期限切れのカードが入っていたなんて事あなたも経験ありませんか?

その結果、店頭での精算の際に有効期限切れのクレジットカードを提示したところ、店員からこのカードは有効期限が切れているので使えませんと指摘があり使う事が出来なかった。

恐らくこの記事を読まれている人の中にも、過去にこうした経験をした事があるという人がいるかと思います。

クレジットカード利用限度額の上限に達した

クレジットカードにはあらかじめカード利用限度額が決められており、いかなる理由があってもこの利用限度額を超えての利用は出来ません。

そして、普段からあまり利用限度額を気にしないでクレジットカードを使っていると、いつの間にか利用限度額一杯になってしまい、その結果カードが使えなくなってしまいます。

クレジットカード利用限度額が減額された

各クレジットカード会社では、定期、不定期(途上与信、法定途上与信)に自社顧客のクレジットカード利用状況を調査しています。

そして、この途上与信や法廷途上与信によって顧客のクレジットカード利用状況が悪いと判断されると、クレジットカードの利用限度額が減額される可能性があり、すでに利用限度額の上限まで使っていた場合には当然ですがカードが使えなくなります。

カード利用代金を延滞している

クレジットカードの利用代金を延滞していると、当然ですがクレジットカード会社から電話や手紙での督促が始まるとともに、カード会社からは要注意人物としてマークされます。

そして、これら督促が続いたにも関わらずカード利用代金の延滞を続けていると、クレジットカードの利用停止→強制解約になる可能性があり、この場合にはカードを使う事が出来なくなります。

クレジットカードの磁気不良

クレジットカードには磁気が付いており、この磁気に記憶されているクレジットカード番号などの情報を元に店頭(読み取り機)でカードを利用する事が可能となっています。

という事は、この磁気に何らかの読み取り不良が起きているとクレジットカードが使えませんので、日頃からカードの磁気の部分は大切に扱うようにして下さい。

クレジットカードの利用停止

先程クレジットカードの利用限度額が減額されたところでも解説しましたが、カード会社では自社顧客に対して途上与信や法定途上与信を行っています。

それで、これら与信の結果顧客に何らかの問題が起こっている場合、まずは利用限度額の減額が検討される事になりますが、自社及び他社の利用において重大な延滞が発覚すると最悪クレジットカードの利用停止→強制解約になる可能性があります。

そして、クレジットカードの利用停止や強制解約になってしまうと、当然ですがクレジットカードが使えなくなってしまいます。

 

途上与信や法定途上与信の詳細はこちら

クレジットカードと途上与信の関係クレジットカードを持つためには、各クレジットカード会社が設定している審査に申込を行い、その審査基準を満たす事が出来れば無事審査に通り後日カード会社からクレジットカードが送付されてきます。そのため、私たちがクレジットカードを持つためには最大の難関でもあるクレジットカード審査に通る必要があります。ただ、この審査ですが最初だけ行われるものではありません。カードを持っていればその有効期限内に途上与信と呼ばれている、定期または不定期に行われる審査のようなものがあるのです...

 

学くん学くん

上記一覧表のように、クレジットカードが使えない理由には主に6つあります。

日頃からのクレジットカードの管理は必須です

ここまでクレジットカードが使えない理由について解説してきましたが、先程の一覧表を見ても分かるように日頃からカード管理をきちんと行っていれば、どの理由も防ぐことは十分可能です。

ただ、クレジットカードを複数枚保有している人にとっては、日々カードの管理を行う事がついつい面倒臭くなってしまいがちになりますが、この管理を行っていないとある日突然カードが使えなくなる可能性が高くなってしまいます。

そのため、ある日突然クレジットカードが使えなくならないようにするためには、日頃からカードの利用計画をしっかりと立てて、この計画通り使う事をお勧めします。最悪強制解約にでもなってしまったら、今後そのカードの復活はほぼ不可能になってしまうため注意が必要です。