クレジットカード審査申込前の事前対策は必要です

クレジットカード審査の事前対策

現在クレジットカード審査に通らない人は、そのまま審査申込を継続しても審査に通らない可能性が高いです。その理由は、審査に通らない原因が解消されていないからです。そのため、クレジットカード審査に通らない人は、まずは通らない原因を突き止めてその原因を解消する事から始める必要があります。

もっとも、審査に通らない原因を解消するためにはある程度の期間が必要になるケースが多々ありますので、原因を解消→審査に通るまで多少なりとも時間が掛かる事になります。

 

ただ、現在クレジットカード審査に通らない人で審査落ちの原因を解消出来ていない人は、今後複数の審査に申し込む→審査に通らないを繰り返す可能性が高いため、結局のところ多少なりとも時間が掛かってしまうのです。

そのため、1日も早くクレジットカード審査に通りたいという人は、まずは審査前の事前対策をしっかりと行ってから審査への申し込みを行う必要がありますので、今回の記事で説明します。

 

スポンサーリンク


審査前の事前対策の詳細はこちら

ここからは、現在クレジットカード審査に通らない人が審査に通るために行うべき事前対策について説明していきますね。現在審査に通らないという事は何かしらの原因がありますので、まずはその原因を究明して取り除く必要があります。

 

学くん学くん

まずは審査落ちの原因を究明する事から始める必要があります。

クレジットカードの審査基準を確認して下さい

現在クレジットカード審査に通らない人が行うべき事、それは現在あなたの勤続年数や年収などの属性情報が一般的なクレジットカードの審査基準を満たしているのか?について確認する事です。

 

一般的なクレジットカードの審査基準です

クレジットカードの審査基準を知る事が審査通過への近道です昔からそうですが、クレジットカードを作る上で重要な審査について、その詳細な内容は決して表に出る事はありません。もっとも、審査内容の詳細が表に出てくるようであれば、申込年齢さえクリアしていればその基準を満たして審査申込=審査通過になってしまいます。ただ、カードを作成するためには各クレジットカード会社が設定している審査(審査基準)パスしなければ通る事が出来ないため、その基準を把握する事はとても重要になっています。しかし、私たちは今までの経験...

 

もちろん、ここに書かれている審査基準が全てのクレジットカード審査に当てはまるという訳ではなく、ある審査では年収が低くても審査に通った、またある審査では勤続年数が3年以上あっても審査に落ちたなど例外もあります。

ただ、先程の審査基準を満たしていれば大抵のクレジットカード審査に通る事は十分可能なので、まずは自分の属性情報がこの審査基準を満たしているのか?を確認して満たしていない項目があれば満たすようにして下さい。

信用情報の開示請求を行って下さい

先程の一般的なクレジットカード審査基準を満たしているにも関わらず審査に通らないのであれば、次に行うべき事は個人信用情報の信用情報に審査において不利になるような情報が登録されていないか?を確認するために信用情報の開示請求を行って下さい。

 

審査に通らない人は信用情報の開示請求が必須です

 

この信用情報には、顧客の良好な支払い情報から軽微な延滞情報や重大な金融事故情報まで登録されているため、クレジットカード会社からすれば審査申込者の現在及び過去における金融商品の利用状況がほぼ丸わかりになっています。

そのため、この信用情報に重大な延滞情報や金融事故情報、さらには多重申込や良好なクレジットヒストリーの登録が無いなど、審査において不利になるような情報が登録されていると審査に通らない可能性が高くなってしまいます。

短期間での審査多重申込はNGです

先程も多重申込という言葉が出てきましたが、これは短期間で複数のクレジットカード審査に申込を行う事になります。そして、この多重申込をする人の特徴として現在お金に困っておりクレジットカードを使って現金化を行う、またはキャッシングを利用するなど、現在の生活環境が困窮している可能性があります。

もっとも、自分に合った欲しいクレジットカードが複数あったため、結果的に多重申込になってしまったという人がいるかも知れませんが、そのような理由はクレジットカード会社からは分かりません。

その結果、多重申込=現在の生活に困窮している可能性ありという事で、クレジットカード審査に通らない可能性が高くなってしまうのです。そのため、クレジットカード審査に通るためには多重申込は控えてある程度期間を置いてから審査への申し込みを行う事をお勧めします。

 

審査申込情報の登録期間は6ヶ月間です

信用情報には何が登録されているの?クレジットカード審査では、クレジットカード申込者の住所や氏名、勤務先などの属性情報と現在及び過去の金融商品利用による支払や延滞などの信用情報を精査した上でカード発行の可否を判断する事になります。まあ、自分の属性に付いては目に見えるものなので、その内容はすぐに判断出来るものですが、個人信用情報機関に登録されている信用情報については信用情報の開示請求を行わない限り私たち一般市民にその内容が分かる事はありません。ですので、審査に落ちて困っている方は、その原因が信用...

 

カードキャッシングの利用は減らして下さい

これもクレジットカード審査前の事前対策の一部になりますが、カードキャッシングの利用は減らして下さい。というのも、カードキャッシングは、近所の提携ATMより手軽に現金を引き出す事が出来るため、少しお金が足りない時や給料日前にはとても役に立つと思います。

ただ、これをクレジットカード会社から見るとキャッシング利用者=生活に困窮している人になってしまいます。もっとも、全てのクレジットカード会社でそう見られてしまうという訳ではなく、また返済をきちんと行っていればそれほど問題になるという事ではありません。

 

しかし、このカードキャッシングを毎月定期的に行っている、または利用金額が多い場合には、やはりカード会社からは生活に困っていると判断される可能性があるため、クレジットカード審査では不利になってしまうのです。

そのため、現在カードキャッシングを毎月定期的に利用している、または利用金額が多いという人は、毎月の定期的な利用を控える、利用金額を減らすなどの対策が必要になります。

審査が不安な人はキャッシング枠ゼロで申し込む

現在日本で発行されているクレジットカードには、最初からキャッシング枠が付いているのもやキャッシング枠自体が無いものなど、カードによってキャッシング枠の扱いが異なっています。

そして、キャッシング枠付きのクレジットカードの場合、審査申込書には『ご希望のキャッシング金額』という、希望するキャッシングの利用限度額を記入する箇所がありますが、クレジットカード審査に不安のある人は、この希望キャッシング枠はゼロ=無しと記入して下さい。

 

というのも、先程も説明しましたがクレジットカード審査ではキャッシングの利用状況によっては不利になる傾向があるため、今後キャッシング枠利用の可能性があるのと無いとでは審査結果に影響があるのです。

そのため、少しでもクレジットカード審査に通る可能性を上げるために、審査申込時のキャッシング枠はゼロと記入した方が良いです。

 

学くん学くん

クレジットカードによっては審査通過後にキャッシング枠を付与出来るものがありますので、審査に不安のある人はキャッシング枠無しでの申し込みをお勧めします。