あまり聞き慣れないアリバイ会社について

アリバイ会社アリバイ会社、あまり聞き慣れないこの会社ですが、実は実態のない会社(ペーパーカンパニー)を顧客に提供して、あたかも顧客が実際に会社(ペーパーカンパニー)に勤務しているように見せかけるものです。

つまり、実際には存在していない会社があたかも存在しており、その会社に勤務している事を悪い言葉で言えば保証している会社になります。そして、このアリバイ会社では、顧客が実際に勤務している事を証明するために、給与明細や源泉徴収票など各種証明書類を発行しています。

そのため、各種金融商品審査の申込書にアリバイ会社が用意した勤務先を記入しても、アリバイ会社が用意した給与明細や源泉徴収票など所得を証明する書類を提出すれば、審査者がこの勤務先に勤務している事を証明するには十分になります。

 

そこで、各種事情によって金融商品審査申込書に現在の勤務先を記入する事が出来ない人は、このアリバイ会社を利用しているようですが、アリバイ会社は金融商品、とりわけクレジットカード審査でも使えるのか?について説明します。

 

スポンサーリンク


クレジットカード審査でアリバイ会社を利用するケースについて

基本的に、クレジットカード審査では無職や専業主婦では無い限り、どの職種の人でも審査申込が可能となっています。(無職や専業主婦でも審査申込可能なカード有り)

ただ、一般的に公序良俗に反する恐れのある職業=風俗店やパチンコ店勤務の場合、他の職種と比べてクレジットカード審査が厳しくなる傾向があり、中にはこういった職業だという事だけでクレジットカード審査に通らない事があります。

 

クレジットカード審査で不利になる職種はこちら

 

そのため、こういった職業に勤務している人がカード審査に通るためには、アリバイ会社を利用する事も1つの方法になっています。また、毎月の収入が無い無職やフリーターの人にとっても勤務先を保証してくれるアリバイ会社は、審査において重要な役割を果たしているようです。

実際に勤務していない=詐欺罪になる恐れあり

アリバイ会社とは、あくまで架空の勤務先における給与明細や源泉徴収票などの各種証明書類を発行しており、またこれらの書類を発行する権利があるためアリバイ会社自体を詐欺罪や文書偽造罪で告発する事は出来ません。

ただ、勤務実態が無いにも関わらず実際に勤務しているかのように見せかける事は詐欺罪に当たる可能性があるため、クレジットカード審査でアリバイ会社は使わない方が良いです。

 

学くん学くん

勤務実態が無いのにあたかも勤務しているように見せかける行為は詐欺罪に当たる可能性があるためやめた方が良いです。

アリバイ会社を使うと捕まる可能性があります

これは一昔前の事件になりますが、2011年9月に実際には無職にも関わらずアリバイ会社を使ってあたかも会社に勤務しているように見せかけ住宅ローンの融資を受けたとして、容疑者Aが詐欺罪によって警察に捕まっています。

もっとも、どんな事情があったにせよアリバイ会社を使うという事は初めから金融会社を騙すつもりだという事は明白なので、この逮捕も仕方ありません。

 

ですので、現在どのような事情があったとしても、クレジットカード審査を始めとした各種金融商品審査の申し込みでは、アリバイ会社は使わない方が良いです。最悪詐欺罪で捕まってしまう可能性があります。

どうしてもクレジットカード審査に通りたいという思いから、どうせバレないだろうという軽い気持ちでアリバイ会社を使って捕まってしまったら、それはもうクレジットカード審査どころの話ではなくなってしまいますから。

 

学くん学くん

実体のない勤務先をクレジットカード審査で利用するアリバイ会社には手を出さない方が良いです。