クレジットカード審査では居住形態や居住年数も対象です

クレジットカード審査と居住形態クレジットカード審査では、審査申込者の属性情報と信用情報が調査される事になりますが、今後万が一利用代金の延滞が発生した際の連絡先確保という観点から申込者の現在の居住状況(居住形態や居住年数)についても審査対象となっています。

もっとも、この居住状況については、居住形態や居住年数などにより審査申込者の今後の動向を把握する事が出来るため、申込者の住んでいる自宅は持ち家なのかアパートなのか?またそこに住んでからまだ日が浅いのか長いのかによって、審査で重要なスコアリングの点数が異なってきます。

 

クレジットカード審査ではスコアリングによる評価が行われています

 

そして、クレジットカード審査で重要になってくるスコアリングの点数なので、スコアリングの点数を高くするためにはある程度の居住年数はもちろんですが、居住形態についても重要になってきます。

そこで、今回の記事ではクレジットカード審査における居住形態や居住年数の基準について説明しますね。審査における居住形態や居住年数の基準が分かっていれば、今後の審査対策にもなりますので、是非この基準を覚えておいていただければと思います。

 

スポンサーリンク


クレジットカード審査における居住形態や居住年数の基準はこちら

ここからは、クレジットカード審査における居住形態や居住年数はどの程度であれば良いのか=基準についていくつか説明していきます。審査に通るためにはあらかじめその審査基準を満たしておくことが必須になるため、居住形態や居住年数の基準を把握しておく事は重要になります。

審査で有利となっている居住形態はこちら

クレジットカード審査においての居住形態には、持家(自己所有や家族所有)、賃貸(マンション、アパート)、借家などがありますが、審査での優劣をつけると下記の順番になっています。(クレジットカードによっては若干順序が異なっているケースがあります)

 

自己所有(戸建・マンション)>家族所有(戸建・マンション)>賃貸マンション>アパート>借家>間借り・下宿

 

この順番を見ていただければ分かりますが、自己所有=それだけの資金があり、簡単に転居する事が出来ないため、クレジットカード審査では一番有利になっています。また、賃貸マンションやアパートについても、自己所有と比べると多少評価は下がりますが、一般的な審査基準は満たしているため、それほど審査に影響が及ぶ可能性は低いです。

ただ、これが間借りや下宿となると自分で賃貸料金の全てを支払っている訳では無い=毎月の生活に困窮している可能性があるため、クレジットカード審査では不利になってしまうのです。

そのため、現在間借りや下宿で生活をしている人は、何とかして賃貸アパートに転居してから審査への申込を行った方が良いです。

 

学くん学くん

クレジットカード審査において、居住形態が自己所有の場合には有利になる傾向が高くなっています。

カード審査で有利となる居住年数はこちら

クレジットカード審査において、とある条件の人以外の場合、居住年数の基準は概ね1年以上あれば問題ありません。

 

クレジットカードの審査基準の詳細はこちら

クレジットカードの審査基準を知る事が審査通過への近道です昔からそうですが、クレジットカードを作る上で重要な審査について、その詳細な内容は決して表に出る事はありません。もっとも、審査内容の詳細が表に出てくるようであれば、申込年齢さえクリアしていればその基準を満たして審査申込=審査通過になってしまいます。ただ、カードを作成するためには各クレジットカード会社が設定している審査(審査基準)パスしなければ通る事が出来ないため、その基準を把握する事はとても重要になっています。しかし、私たちは今までの経験...

 

ただ、これには例外があり、自己所有(家族所有)の戸建やマンションの場合には、居住年数が1ヶ月程度でもクレジットカード審査で不利になる事はありません。

というのも、自己所有の戸建てやマンションの場合には、自由に引っ越しを行う事が出来ない、また新築や新築・中古物件の購入であれば居住年数が短くても仕方がないと判断されるためです。

もっとも、新築や物件の購入であれば、多額の資金または多額の融資の審査に通っている事になり、審査申込者の信用状態が良好であると判断する事が出来るのです。そのため、クレジットカード審査においては、自己所有の戸建てやマンションの場合には居住年数が1年未満でも審査で不利になる事はありません。

居住形態が賃貸アパートで居住年数が短いと不利になる

先程の自己所有の戸建てやマンションとは異なり、賃貸アパートでしかも居住年数が1年未満の場合には、クレジットカード審査で不利になる可能性があります。

というのも、クレジットカード会社では、万が一顧客のカード利用代金の延滞が続いた場合、住民票などを取り寄せて追跡調査を行いますが、この調査にはそれなりの手間が掛かります。そして、手間が掛かる=経費も掛かるため、クレジットカード会社では万が一のために顧客と常に連絡が取れる状態なのか?を重視しているのです。

ただ、賃貸アパートで居住年数が1年未満という事は、あまり定住性が無くすぐに引っ越しが可能である事から、審査では不利になるケースがあるため注意が必要です。

クレジットカード審査では居住年数の裏付けは取りません

基本的に、クレジットカード審査では審査申込者の居住年数の裏付けは取りません。そのため、実際の居住年数が6ヶ月であってもクレジットカード審査申込書の居住年数に1年と記入した場合 、この虚偽申告がクレジットカード会社にバレる事はありません。

ただ、クレジットカード審査申込書に居住年数1年と記入しており、過去1年以内に旧住所でクレジットカードを作成していた場合、個人信用情報機関の信用情報に成約情報が登録されているため、クレジットカード会社に居住年数の嘘がバレる可能性が高くなります。

 

学くん学くん

クレジットカード審査では居住年数の裏付けは取りませんが、あまりに事実と大きく乖離した年数の記入は控えた方が良いです。