私たちが恐れる自社ブラックという言葉

自社ブラック

この自社ブラックという言葉、私たち金融商品の利用者にとってはあまり嬉しくない言葉になります。だってそれは、自社ブラックになればその金融会社が提供している各種金融商品の審査に通る事はほぼ不可能と言っていいくらい、各種金融審査に悪影響を与えるからです。

もっとも、自社では無くてもこのブラックになっているという事は、金融業界においては要注意人物として認識されていますので、クレジットカード審査に通らない事も仕方ありません。

 

ただ、各種金融商品を長期間利用している人であれば自社ブラックについての知識もあると思いますが、最近金融商品の利用を始めたばかりの人にとっては自社ブラックって何の事?と思うかも知れません。

そこで、今回の記事では私たち金融商品の利用者が恐れる自社ブラックの詳細について解説します。

 

スポンサーリンク


自社ブラックとはどういう事?

この自社ブラックですが、簡単に言えば自社=金融会社であり、ブラック=悪い情報になるため、金融会社に悪い情報が登録されているという事になります。そして、金融会社に悪い情報が登録されているという事は、その会社の金融商品の審査には通らない可能性が極めて高くなってしまうのです。

つまり、この自社ブラックとは、金融会社が保有している自社データベース内に悪い情報が登録されている状態の事を言います。そして、この悪い情報とは重大な延滞や任意整理、自己破産などの債務整理情報になるのです。

もっとも、過去に延滞や債務整理などの金融事故を起こした人の情報は、今後の自社金融商品の審査時にもきちんと分かるようにしておく必要があるため、審査の際にその情報がすぐに照会出来るように自社データベースに登録しておくのです。

 

学くん学くん

自社ブラックとは金融会社の自社データベースに金融事故情報が登録されている事になります。

自社ブラックとはこのような状態の事を指します

先程、自社ブラックとは金融会社の自社データベースに事故情報が登録されていると解説しました。つまり、金融会社側でこの人物は要注意人物だから今後当社が行う各種金融審査の際にはこの事故情報を熟慮の上慎重に審査を行うべきであるという状態になっているのです。

もっとも、慎重に審査を行うという事は、裏を返せばこの事故情報は審査否決の材料になりうるものとして扱うべきとも言えます。その結果、金融会社に事故情報が登録されている限りは、その金融会社の各種金融商品の審査に申込を行ったとしても通らない可能性が高くなります。

ですので、もしあなたが過去にクレジットカードやローンなどの各種金融商品の利用において重大な金融事故を起こした事があれば、ほぼ間違いなく金融事故を起こした会社の自社データベースにその情報が登録されているため、その会社への審査申込は控えた方が良いです。

自社ブラックの期間には決まりが無いため注意が必要です

個人信用情報機関の信用情報に金融事故(ブラック)が登録されている期間は5~10年間と決められていますが、金融事故を起こした金融会社の自社ブラックデータの登録期間には特に決まりが無いため、各金融会社によって登録期間は異なっています。

そして、インターネット上には、自社ブラックデータから金融事故情報が数年程度で削除される会社もあれば、半永久的に登録されている会社あるという噂が流れていますが、その真相は該当する金融会社のごく一部の社員以外には分かりません。

 

信用情報の登録期間は下記の記事でご確認下さい

信用情報には何が登録されているの?クレジットカード審査では、クレジットカード申込者の住所や氏名、勤務先などの属性情報と現在及び過去の金融商品利用による支払や延滞などの信用情報を精査した上でカード発行の可否を判断する事になります。まあ、自分の属性に付いては目に見えるものなので、その内容はすぐに判断出来るものですが、個人信用情報機関に登録されている信用情報については信用情報の開示請求を行わない限り私たち一般市民にその内容が分かる事はありません。ですので、審査に落ちて困っている方は、その原因が信用...

 

自社ブラック登録期間はこの記事が参考になります

 

自社ブラックの登録期間が分からないため、ある日ふと審査への申込を行ったら何事もなく審査に通ったという事もあれば、いつまで経ってもこの金融会社の審査には通る事が出来ないという事もあります。

ですので、この自社ブラックになっていると思われる金融会社が提供している金融商品にかなり魅力があれば別ですが、そうでない場合には審査申込は控えた方が無難です。

 

学くん学くん

自社ブラックになっていると思われる会社への申込は控えた方が良いです。