クレジットカード審査では本人確認書類の提出が必須となっています

クレジットカード審査で提出可能な本人確認書類の一覧

クレジットカード審査では、第三者によるなりすまし申し込みを防ぐために、審査申込者本人からの申し込みの確認のため、本人確認書類の提出が必要になります。ちなみに、審査時の本人確認書類の提出のタイミングは属性情報の入力時や入力完了後、またはクレジットカード到着時などクレジットカードによって異なります。

そして、クレジットカード会社では、審査申込者から送付されてきた本人確認書類に登録されている氏名や住所などの属性情報を審査申込書や信用情報に登録されている内容と照合して、審査申込者=本人である事を確認する事になります。

 

そのため、クレジットカード審査では基本的にこの本人確認書類の提出=本人確認が完了しない限りは審査が完了する事はありませんので、スムーズな審査のためにも本人確認書類の提出は早い方が良いです。(例外あり)

ただ、審査申込者の中には提出可能な本人確認書類にはどのようなものがあるのか?またどの本人確認書類の信頼度が高いのか?が分からないという人がいるようなので、今回の記事で説明します。

 

スポンサーリンク


クレジットカード審査で提出可能な本人確認書類はこちら

学くん学くん

ここでは、クレジットカード審査の際に提出可能な本人確認書類について一覧表にまとめましたのでご確認下さい。

  本人確認書類の詳細
運転免許証

クレジットカード審査において、本人確認書類の定番中の定番と言えばこの運転免許証になります。その理由は18歳以上の人であればほとんどの人がこの運転免許証を持っているためです。

また、運転免許証には顔写真はもちろん12桁からなる運転免許証番号があり、この番号にはそれぞれ固有の番号が振り分けられています。そして、運転免許証番号=固有の番号となっているため、審査申込者の住所や勤務先が変わっていたとしてもすぐに本人を特定する事が可能です。

そのため、審査において本人確認書類の中ではこの運転免許証が一番信頼性が高くなっています。また、運転免許証の有効期限内に引っ越しを行った場合には免許証裏面に新住所の記載があると思いますが、クレジットカード審査においては表と裏の両面に記載されている住所の提出が必須になります。

健康保険証

この健康保険証ですが、会社員の人は会社が加盟している健康組合が発行している健康保険証、個人の人は市区町村が発行している国民健康保険証などとなっており、これら健康保険証の提出が可能です。

また、この健康保険証は日本国民のほとんどが持っているため、本人確認書類の中では運転免許証に次いで提出率が高くなっている事が特徴として挙げられます。

住民票の写し この住民票の写しは、市区町村役所または出先機関での発行が可能ですが、本人確認書類として提出する場合には注意事項としては6ヶ月以内のものに限ります。
パスポート 海外旅行や海外出張には必須のパスポートですが、このパスポートも本人確認書類として提出が可能です。
マイナンバーカード

このマイナンバーカードも審査の際に本人確認書類として提出が可能です。ただ、マイナンバーを本人確認書類として提出する場合には、顔写真が記載されている表面のみでマイナンバーが記載されている裏面の提出は不要になるため注意が必要です。

また、マイナンバーの通知カード(顔写真なし)は、クレジットカード審査においては本人確認書類の対象外となっていますので注意が必要です。

写真付きの住民基本台帳カード この写真付きの住民基本台帳カードも本人確認書類としての提出が可能ですが、表面はもちろん裏面に変更事項の記載がある場合にはこの裏面の提出も必須になります。
在留カードまたは特別永住者証明書 外国籍の人が日本のクレジットカード審査へ申し込みを行う場合には、この在留カードや特別永住権証明書の提出が必要になります。また、在留カードや特別永住権証明書では表面と裏面の両方の提出が必要となっています。

クレジットカードによっては他にも提出可能な本人確認書類あり

この一覧表で記載した本人確認書類ですが、これはあくまで一般的の提出可能な本人確認書類になっており、クレジットカード会社によってはここの記載されている本人確認書類の他にも提出可能な書類があります。

また、それとは逆にここに記載されている本人確認書類の一部が提出不可となっているクレジットカードもあるため、クレジットカード審査に申し込む際には事前にどの本人確認書類の提出が可能なのか?についてカード会社のHPなどで確認して準備しておく必要があります。

 

学くん学くん

クレジットカード会社によっては提出可能な本人確認書類に違いがあるため、審査申込前に確認する事をお勧めします。