Appleがいよいよクレジットカード業界に参入か?

アップルクレジットカード

Appleと言えば、IT関連企業では超有名であり、iphoneやMacなどIT機器において世界中に多くの利用者がいます。とりわけiphoneでは携帯電話本体においてかなりのシェアを誇っています。

そんなAppleですが、どうやらこの春に金融大手のゴールドマンサックスと提携してクレジットカードを発行するのでは?という噂が金融業界を中心にささやかれています。

もっとも、Apple製品の中ではiphoneに各種サービスにおける決済機能が付いていますが、iphoneユーザーの中には各種サービスにおける決済機能の使い過ぎにより支払い不能に陥ってしまう人がいるようです。

 

そんな中、今回発行が噂されているクレジットカードにはカードの使い過ぎを利用者に知らせる機能まで付けるとの事なので、一体どういった機能を持つクレジットカードが発行されるのか?今から楽しみで仕方ありません。

そこで、今回の記事ではAppleとゴールドマンサックスが共同で発行する(噂)クレジットカードの詳細について説明します。

 

スポンサーリンク


クレジットカード発行は2019年春頃の予定?

今回発行が予定されているクレジットカードは、噂によると今年の春頃に発行が予定されているとの事。ただ、最初はカード機能のテストの意味を含めて自社従業員にのみ配布して、テストの状況を踏まえて2019年中には一般に向けて発行を開始する予定らしいです。

もっとも、今までクレジットカードとは無縁だったAppleが、新しく発行するクレジットカードにはApple独自のサービス(iphoneの金銭管理機能と連動)を付与するとの事なので、そのあたりのテスト結果を確認する必要があるのでしょう。

新規発行されるクレジットカードの狙いとは?

現在、世界にはかなり多くのiphoneユーザーがおり、iphoneを使って各種ネットサービスの決済を利用していますので、Appleとしてはこうしたiphoneユーザーの家計管理を自社発行のクレジットカードを利用してもらう事によって深く関わりたいという思惑があるようです。

もっとも、基本的に顧客がクレジットカードを利用すればカード発行会社にはわずかながら手数料が入るため、Appleとしては膨大なiphoneユーザーに自社クレジットカードを利用してもらって、自社顧客の囲い込みと共に手数料収入も狙っていると思われます。

クレジットカードの利用手数料は1件当たりが少額でも、ちりも積もれば山となるではありませんが膨大なiphoneユーザーがカードを利用すればApple側にもかなりの手数料収入が入るため、実際にクレジットカードが発行されたら真っ先にiphoneユーザーに告知される事でしょう。

 

また、提携先のゴールドマンサックスとしても、Appleの知名度を生かして自社顧客の新規開拓を狙えるという意味においては、クレジットカード発行のメリットは十分あると思われます。

さらに、ゴールドマンサックスでは、証券取引の減少を防ぐために2016年に個人向けのインターネット銀行『マーカス』を立ち上げており、クレジットカード発行を通じて若いiPhoneユーザーを自社顧客にしたいという考えがあるようです。

 

学くん学くん

アップル、ゴールドマンサックス共に自社メリットが無いとクレジットカードを発行しても意味がありません。

ゴールドマンサックスがクレジットカード発行業務を担当

もともとゴールドマンサックスは証券会社でしたが、先程も説明した通り2016年から銀行業務にも参入してきている事から、新しく発行されるクレジットカードの発行業務や決済システムの構築はゴールドマンサックスが担当します。

そのため、Appleでは自社顧客でもあるiphoneユーザーに向けてクレジットカードの販促活動に専念する事が出来ます。今やiphoneユーザーは世界各国に億単位でいますので、新しいクレジットカードの市場規模はかなり膨大と言えます。

iPhone連動で浪費を警告する機能付きのうわさ

クレジットカードはツケ払いでの利用が可能で気軽に使いやすいという反面、カード利用者にとってはトータルでの利用金額の把握がしにくい、またカード利用から請求までにはタイムラグが発生するため、請求書が来てから慌ててしまう事も少なくありません。

そういった事情を考慮して、今回発行予定のクレジットカードにはiphone特有の通知機能(フィットネス追跡アプリが毎日の運動を達成した時に音や視覚で知らせるインターフェース)を流用してカード利用者が普段とは異なる高価な商品を購入した際にアラームが鳴るなど、警告機能を付与するとの事。

もっとも、クレジットカード利用による支払い不能→多重債務者の増加を防ぐためには、こういった警告機能があった方が良さそうです。

 

学くん学くん

クレジットカード利用において一番問題なのが返済不能に陥る事なので、こうした警告機能は良いと思います。

新しく発行されるクレジットカードの気になるブランドは?

基本的に、クレジットカードにはVISAやMaster、JCBなどの国際ブランドが付いており、この国際ブランド加盟店舗にてショッピングや各種サービスの利用が可能となっています。

ただ、国際ブランドによって利用可能な店舗数に違いがあるため、今回発行が噂されているクレジットカードはどの国際ブランドが付くのか?気になるところですよね?

そこで、今回発行が噂されているクレジットカードですが、国際ブランドは『Master』になるとの事です。このMasterはVISAと並んで世界各国に利用可能店舗がありますので、利便性においては文句なしと言ったところですね。

 

国際ブランドの違いはこちらの記事が参考になります

クレジットカードには国際ブランドがあります日本はもとより世界中で発行されているクレジットカードは、その利用代金を後払い出来るため、その利便性はかなり高いと言えますよね?ただ、カードは計画的に使う必要があるため、使い過ぎてはいけません。それはともかく、クレジットカード1枚あれば日本はもとより世界中で使えるのか?と言われれば答えはNOです。というのも、クレジットカードにはそれぞれブランドというものがあり、カードに付随しているブランドとそのブランドに加盟(取扱)している店舗(サービス)が一致して初めて...

 

クレジットカードのポイント還元について

私たちがクレジットカードを選ぶ際のポイントとして結構重要視しているポイント還元率ですが、今回の新クレジットカードではカード利用によるポイント還元率が利用金額の2%(キャッシュバック形式)となり、アップルのハードウェア製品や各種サービス利用ではさらに2%が上乗せされるとの事です。

現状、一般的なクレジットカードのポイント還元率が1%程度という事を考えると2倍もの還元率となっている事から、ポイント還元率に関してはこのクレジットカードは他のカードと比べ優位に立ちそうですね。

もっとも、楽天カードやYahoo! JAPANカードなど、自社ショッピングモールを展開しているクレジットカードであれば、自社モール内での利用でポイント2倍や3倍などの還元率があるため、そういったカードと比べた場合にはそれほど魅力的ではないかも知れません。

 

いずれにしても、世界的なITメーカーのアップルと、これまた世界的な大手証券会社のゴールドマンサックスが共同で発行するという噂のクレジットカード、どのようなサービスや特典が付くのか?今から楽しみですね。

 

学くん学くん

iphoneユーザーにとって魅力的なサービスや特典が付けば、かなり多くの新規ユーザー獲得が見込めますね。