有効期限1ヶ月前に更新済みカードが送付されてきます

無職とクレジットカード更新審査

私たちが日ごろから利用しているクレジットカードには有効期限があり、この有効期限を過ぎてしまうと当然ですがクレジットカードを利用する事が出来なくなってしまいます。そのため、通常であれば有効期限が切れる約1ヶ月ほど前にカード会社から有効期限が更新されたカードが送付されてきます。

ただ、更新時に無職の人は継続して安定した収入がないため、果たして有効期限が更新されるのか?について不安に感じているかも知れませんよね?通常のクレジットカード審査では無職=審査に通らない可能性が高いため不安になる事も仕方ありません。

もっとも、この更新済みクレジットカードは特に顧客側で何かをするという事は無く、クレジットカード会社側で必要な審査=更新審査を行い有効期限を更新しても良いという顧客に対してのみ送付されてくる事になるため、更新時に無職だとしても特に何をするという事がないのが現状です。

 

つまり、この更新審査で有効期限を更新する事が出来ないと判断されてしまうと、当然ですが更新済みカードは送付されてこないため、このクレジットカードは解約=契約終了となってしまいます。

契約終了となれば、当然ですがその後カードを利用する事が出来なくなってしまいますが、果たして更新審査時に無職の人には有効期限が更新されたカードが発行されるのでしょうか?

 

スポンサーリンク


クレジットカード発行時と更新時の審査内容は違います

通常、新規でクレジットカードを利用したい時には、カード会社が設定している審査基準を満たしているのか?の判断を行うためにカード審査を受ける事になります。そして、この審査では申込者の住所や氏名、居住形態や勤務形態、年収や他社借入など、隅から隅まで調査が行われる事になります。

その結果、これらの情報の中にカード会社が設定している審査基準を下回っている項目があれば、審査に通らない可能性が高くなります。

 

カード審査に通るためには審査基準を知る事が重要です

クレジットカードの審査基準を知る事が審査通過への近道です昔からそうですが、クレジットカードを作る上で重要な審査について、その詳細な内容は決して表に出る事はありません。もっとも、審査内容の詳細が表に出てくるようであれば、申込年齢さえクリアしていればその基準を満たして審査申込=審査通過になってしまいます。ただ、カードを作成するためには各クレジットカード会社が設定している審査(審査基準)パスしなければ通る事が出来ないため、その基準を把握する事はとても重要になっています。しかし、私たちは今までの経験...

 

ただ、有効期限が間近になると行われる更新審査の際には、新規発行審査の際に行われるような顧客の隅々まで調査する事はせずに簡易的な審査になっています。とは言っても、この審査で行われる調査内容は今後自社顧客としてふさわしいのか?をはかる上でとても重要になるものばかりです。

そして、肝心の調査内容ですが、顧客が新規または前回の更新時から現在に至るまでの期間におけるカードの利用状況になります。クレジットカードの利用状況なのである程度カードが使われており、利用代金も延滞なく支払われているのか?が調査される事になるのです。

その結果、利用状況に特に問題が無ければ有効期限が更新された新しいクレジットカードが送付されてきますが、利用状況に何らかの問題が発覚した場合には有効期限は更新されずに契約終了となってしまうのです。

更新審査では基本的に顧客の職業調査は行われません

先程更新審査では、新規発行時のような詳細な審査は行われずに顧客のカード利用状況の調査のみ行われると解説しました。という事は、更新審査では自社データベースの他に個人信用情報機関の信用情報を照会して顧客の過去の金融商品の利用状況を確認して、今後も顧客に対して信用枠を与える=更新済みカードを発行するか?否か?を判断する事になります。

この際、新規発行審査時のように顧客から住所や氏名、電話番号や勤務先情報などの提出(審査では申込書)を求める事はないため、基本的に更新審査時の顧客の勤務先情報は最初にクレジットカードを発行する時に提出してもらった情報になるのです。

もっとも、途中で勤務先の変更=転職があった場合で顧客から転職届が提出されていた時にはその勤務先情報に更新されている訳ですが、それ以外であれば勤務先情報は最初の審査時のままになっているのです。

 

つまり、最初のクレジットカード審査時の勤務先を退職して現在無職になっていたとしても、その事実をクレジットカード会社へ届け出ていない場合には、カード会社側では顧客が無職になっているという事実は分からないのです。

さらに言えば、無職になってもカード利用代金を毎月延滞なく支払っていれば利用状況が良好なため更新済みクレジットカードが発行される可能性が高くなります。ただ、無職=収入が無いため、クレジットカード利用代金の支払いを延滞してしまう可能性がありますので、早めに就職した方が良い事は言うまでもありません。

勤務先変更の際にはカード会社への届け出が必要です

私たちがクレジットカードを利用している期間中に住所や電話番号、さらに勤務先などの属性情報が変更になった場合には、その事実をクレジットカード会社へ連絡する必要があり、これはクレジットカード会員の義務となっています。ですので、勤務先の変更があった場合には、すみやかにカード会社へ転職届の提出を行って下さい。

無職になってしまったから届出したくないと思ったとしても、収入が無くカード利用代金を延滞してしまったら今後のクレジットカード審査に悪影響を及ぼす可能性が高くなってしまいます。

その場合、晴れて新しい勤務先が決まった=就職出来たとしてもカード審査を含めた各種金融商品の審査には通らない可能性が高くなるため注意が必要です。

 

学くん学くん

クレジットカードを持っている限りは各種変更届の提出は義務となっていますので、忘れずに届出を行いましょう。