クレジットカードと利用限度額について

クレジットカード利用限度額が減額された

クレジットカードには、クレジットカード審査の際にクレジットカード会社が顧客の今後の支払い見込みを考慮し決定した利用限度額が設定されています。そして、この利用限度額は人によって違いがあり、少ない人は5万円、多い人になれば100万円にもなる場合があります。

もっとも、顧客によって年収を含めた属性や信用情報が異なっているため、顧客によって利用限度額が違う事は何ら不思議ではありませんが、中には利用限度額が減額される場合があります。

今まで利用限度額が100万円だったのに、ある日突然70万円や50万円に減額されている事があるのです。そして、それはある日突然やってくるのです。

 

すると、私たちクレジットカード利用者は、一体何が起こったんだ?何故利用限度額が減額されたのか?などと不安に思うかも知れませんが、この利用限度額の減額にはきちんと理由があるのです。そこで、今回の記事では、何故クレジットカードの利用限度額が減額されるのか?また減額されるとどうなるのか?について解説します。

 

スポンサーリンク


利用限度額の減額はこのタイミングで行われます

クレジットカードの利用限度額の減額ですが、これはクレジットカード会社が独自、不定期に行っている途上与信と、法律によって決められている、ある条件になると必ず行わなければならない法定途上与信の時に行われます。

この途上与信と法定途上与信ですが、法定途上与信は顧客の借入金額によって実施日(月)が決まっているのに対して、カード会社の独断で行われる途上与信による減額はある日突然やってきますので焦るかも知れません。

 

途上与信は不定期に行われています

クレジットカードと途上与信の関係クレジットカードを持つためには、各クレジットカード会社が設定している審査に申込を行い、その審査基準を満たす事が出来れば無事審査に通り後日カード会社からクレジットカードが送付されてきます。そのため、私たちがクレジットカードを持つためには最大の難関でもあるクレジットカード審査に通る必要があります。ただ、この審査ですが最初だけ行われるものではありません。カードを持っていればその有効期限内に途上与信と呼ばれている、定期または不定期に行われる審査のようなものがあるのです...

利用限度額が減額される理由とは?

利用限度額が減額される理由には色々ありますが、基本的には自社及び他社での利用状況によるところが大きくなっています。

例えば、クレジットカード入会時には自社及び他社における金融商品の借入残高が0もしくは少額だったのに、途上与信をしたところ他社での借入残高が数十万円、数百万円にまで膨れていた、自社及び他社の利用で度重なる延滞があったなどです。

もっとも、借入残高が増えていればそれだけ貸し倒れの危険がありますし、度重なる延滞=資金繰りが良好ではないという事を意味していますので、利用限度額の減額は仕方ないと思います。ですので、利用限度額の減額はされたくないという人は、クレジットカードはもちろん他金融商品の利用代金を毎月しっかりと支払う必要があります。

 

減額理由には下記の3つがあります

カード利用限度額の減額はありますクレジットカード審査では、申込者の各種情報を精査して審査可否の判断を行っているとともに、現在の金融商品の利用状況などを元に利用限度額の設定を行っています。もっとも、カードに利用限度額が無ければ利用する事が出来ませんので、最初からある程度の限度額が付いています。ただ、クレジットカードの利用限度額ですが、とあるタイミングで減額される事があります。それも、日々何気なく利用しているとある日突然減額され、この度カード利用限度額の見直しを行いましたという案内とともに、減額...

利用限度額が減額されるとこうなります

クレジットカード会社による途上与信や法定途上与信によって、クレジットカードの利用限度額が減額されるとどうなるのか?と思っている人もいるかと思いますので、ここで解説します。

 

学くん学くん

クレジットカードの利用限度額の減額による影響は大きく分けて下記の2つがあります。

  クレジットカード利用限度額の減額による影響
カード利用額が制限される

クレジットカードの利用限度額が減額された訳ですから、当然ながら今まであった利用限度額から限度額が減額、つまり制限される事になります。

そして、利用限度額が減額されてしまうと、今までの利用限度額をほぼ一杯利用していた人にとってはかなりダメージを負う事になりますが、一旦減額された場合にはすぐに利用限度額の回復をすることは出来ませんので、しばらくは減額された限度額の範囲内で利用するしかありません。

ただ、今後のクレジットカードの利用状況によっては、途上与信の際に今度は利用限度額が増額される可能性がありますので、減額後は毎月の支払いを延滞する事なく行う必要があります。

 

また、クレジットカードにはショッピング枠の中に割賦枠というものがあり、この割賦枠とはリボルビング払いや分割払い、ボーナス払いなどが使える枠の事になります。(この割賦枠はショッピング枠の中に含まれています。)

しかし、クレジットカードの利用状況によってはこの割賦枠の利用限度額が支払可能見込額調査によって減額される場合があります。例えば割賦枠の限度額が100万円だったものが50万円に減額されたなどです。

 

もっとも、通常この支払可能見込額調査はクレジットカード審査や更新審査、さらには顧客から利用限度額の増額申請があった際に行われるものですが、ごく稀に途上与信と同じように不定期で行われる事があるのです。

ちなみに、この割賦枠の利用限度額が100万円→50万円に減額された時、すでに割賦枠100万円を利用していた場合には、割賦枠を超えた金額を一括で支払わなければならないと思っている人がいるようですが実はそんな事はありません。

基本的に割賦枠が減額された場合には、新たに割賦枠の利用が出来なくなるだけで毎月の支払いは今まで通りに継続して行うケースが多いようです。ただ、今までの利用状況において支払いの延滞があった場合には一括請求される可能性があるため注意が必要です。

※全てのクレジットカード会社を調査した訳ではないので全てのクレジットカードで当てはまるかは分かりかねます。

更新カードの有無

クレジットカードを利用している人の中には利用限度額が減額されると、更新カードが届かないのでは?と思っている人がいるかも知れませんね。

確かに、利用限度額が減額されたのだから更新カードは届かないのでは?と思う事は無理もありませんが、結論から言うと更新カードは届きました。(実例あり)

ただ、途上与信で利用限度額が減額されてから更新カード発行までの間に属性や信用情報に大きな問題が発生した場合には、更新カードが届かない可能性が高くなりますので注意が必要です。

 

クレジットカードには利用限度額の減額以外にも注意すべき点があります

当ページでは、クレジットカード全般において質問が多くなりそうな項目について回答していきます。クレジットカードの選び方やクレジットカード審査、さらには利用代金の支払いなどのQ&Aについて記載しています。特に、クレジットカード審査では、審査申込者の勤務先や居住年数、年収、さらには金融商品の利用状況など、ありとあらゆるところが調査され、これらの調査の結果クレジットカード会社が設定している審査基準を満たしていれば審査通過、基準を満たしていなければ審査否決となります。そして、審査否決になった場合には、...

 

いかがでしたか?クレジットカードの利用可能額が減額されたとしても、今後は新たな限度額の範囲内での利用となるだけで、その後の更新カードも届く可能性が高くなっています。ただ、減額の理由が延滞によるものだった場合には、更新カードが届かない可能性があるため注意が必要です。

また、延滞しているという事は、その情報が個人信用情報機関の信用情報に登録されている事になるため、今後のカード審査へ少なからず影響が出てしまいます。

 

利用限度額減額の原因が延滞の場合には今後クレジットカードを作る事が難しくなります

カード利用限度額が減額されると審査に影響する?当サイト内の人気上位の記事でもあるクレジットカードの利用限度額が減額されるという記事の中では、ある日突然クレジットカードの利用限度額が減額された場合、その後のクレジットカードの利用制限や有効期限の更新などについて説明しています。もっとも、このカード利用限度額の減額はある日突然やってきますので、その対処方法や今後どうなっていくのか?についてはあらかじめ知っておかないと焦ってしまい、平常心を失ってしまう可能性もゼロではないため、この記事の内容について...

 

ですので、これは利用限度額の減額以前の話になりますが、クレジットカードの利用代金は毎月延滞する事なくきちんと支払って下さい。延滞してしまうと今後はクレジットカード以外の金融商品(オートローンや住宅ローンなど)にも悪影響が出る可能性がありますから。

もっとも、カードの利用代金をしっかり支払う事は会員の義務になっていますので、カードは計画的に利用して下さい。

 

学くん学くん

クレジットカードの利用限度額が減額されると今後のクレジットカードライフに少なからず影響を及ぼす可能性がありますので、毎月の支払いは延滞なくきちんと行って下さいね。