新しい姓でクレジットカードを作る事は可能

旧姓時の延滞情報過去に各種金融商品で重大な延滞や債務整理などの金融事故を起こしている人は、信用情報からその情報が削除されない限りクレジットカード審査に通る事は難しいです。ただ、そういった人がその後結婚したり養子縁組をしたりして別姓になったとしたら、クレジットカードが作れるのではないのか?と考えるかも知れません。

確かに、姓が変われば信用情報に登録されている姓名とは異なるため、審査に通るのでは?と考える事は仕方ありません。ただ、以前ならともかく近年のクレジットカード審査では別姓になったからと言ってカード審査に通るほど、甘いものでは無いのです。

もっとも、やり方によっては過去に金融事故を起こしていても別姓になれば審査に通る事は可能です。しかし、普通にクレジットカード審査に申し込んだ場合には、審査の段階で旧姓時の延滞情報が判明する可能性があるため、今回の記事で説明します。

 

スポンサーリンク


クレジットカード審査では色々な調査が行われます

クレジットカード審査では、審査申込者の属性や信用情報を調査して、自社顧客にふさわしいのか?の判断を行っています。そのため、過去の金融商品の利用状況などは慎重に調査を行っています。

もっとも、過去に重大な金融事故を起こしている人は、今後も重大な金融事故を起こす可能性が高くなるため、そういった審査申込者を排除するという役割もクレジットカード審査では持っているのです。

クレジットカード審査で旧姓時の延滞情報は判明します

クレジットカード審査では、氏名や生年月日、電話番号などの一致によって過去に金融事故を起こしている人物と同一人物なのか?否か?の判断を行っており、これら属性の中で少しでも一致している属性があれば、さらに細かい調査を行います。

そして、この細かい調査は、例えば住民票を取得したり本人確認書類の追加提出を求めるなど、他の属性でも過去の金融事故を起こしている人物と同一なのか?について徹底的に調査をおこなうため、クレジットカード審査で旧姓時の延滞情報が判明する可能性があるのです。

もっとも、審査申込者が過去に金融事故を起こしている人物と似たような特徴があったとしても、調査の結果その人物と別人だという事が判明すれば、その他の属性や信用情報次第でクレジットカード審査に通る可能性は十分あります。

 

学くん学くん

クレジットカード審査では、各種属性の一致によって同一人物か否か?を判断しています。

毎月の利用代金を延滞無く支払っていれば問題ありません

クレジットカード審査に通ったからと言って安心してはいけません。クレジットカードを利用するという事は、その支払いが発生するという事になるため、毎月カードの利用があった場合には延滞する事無くきちんと支払いを行う必要があるのです。

ただ、クレジットカードの利用代金を延滞する事無くきちんと支払っていれば、カードの保有期間中において途上与信で旧姓での延滞情報を調べられる事はありません。この途上与信では余程の事(延滞を繰り返しているなど)が無い限り深堀して調査する事が無いためです。

 

途上与信についてはこちら

クレジットカードと途上与信の関係クレジットカードを持つためには、各クレジットカード会社が設定している審査に申込を行い、その審査基準を満たす事が出来れば無事審査に通り後日カード会社からクレジットカードが送付されてきます。そのため、私たちがクレジットカードを持つためには最大の難関でもあるクレジットカード審査に通る必要があります。ただ、この審査ですが最初だけ行われるものではありません。カードを持っていればその有効期限内に途上与信と呼ばれている、定期または不定期に行われる審査のようなものがあるのです...

 

しかし、これが毎月の支払いを延滞しており、延滞回数が複数に及んでいる場合には途上与信で引っ掛かる可能性が高く、全てのクレジットカード会社ではありませんが、この途上与信によって旧姓時の延滞情報まで調べられる可能性があるため、クレジットカード利用代金は毎月延滞する事無く支払う必要があります。

 

ちなみに、過去に重大な延滞や自己破産、任意整理などの債務整理(金融事故)を起こした事のあるクレジットカード会社では、定期的に住民票の除票など取得しながら常に追跡調査を行っているため、例え結婚や養子縁組で延滞当時から別姓になったとしてもすぐに判明てしまう可能性があります。

そのため、旧姓時に重大な金融事故を起こした事のあるクレジットカード会社は避けて、別のカード会社の審査への申込をお勧めします。

 

学くん学くん

基本的に過去に金融事故を起こしているクレジットカード会社には申込を行わない方が良いです。