クレジットカード審査と住宅ローンクレジットカード審査と住宅ローンは、同じ金融商品であり、それぞれ利用するにあたって審査に通る必要があります。

そして、クレジットカード審査や住宅ローン審査では、審査の際に個人信用情報機関の信用情報を照会するため、信用情報に金融事故情報が登録されていると審査に通る事はかなり難しくなってきます。

そのため、クレジットカードを始めとした日々の金融商品利用代金の支払いは遅れることなく支払う事が必須となっています。

 

ただ、住宅ローンはその融資金額が大きくなる傾向があるため、その融資金額によってはクレジットカード審査に通る事が出来ないのでは?と思っている人がいるようなので、今回の記事ではクレジットカード審査では住宅ローンが影響するのか?について説明します。

 

スポンサーリンク


住宅ローンについて

この住宅ローンですが、一般的に融資金額が1,000万円や2,000万円、場合によってはそれ以上になる可能性があるため、その融資金額によってはクレジットカードやキャッシングなど他の金融商品の審査への影響があるのでは?と思っても仕方ありません。

ただ、住宅ローンについてはその融資金額の大きさから、クレジットカード審査やキャッシングなど他の金融商品と比べて『別物』と考えられているため、基本的には住宅ローンの融資金額によってクレジットカード審査が不利になるという事はありません。

もっとも、この住宅ローンの年間可能支払額は、法律によって年収の30%以内と決まっているため、この制限によって住宅ローン利用者は過度な融資を受ける事が出来ないという事も、クレジットカード審査に影響を与えない理由として挙げられます。

 

学くん学くん

住宅ローン利用金額の上限は法律によって定められています。

住宅ローンの返済状況は信用情報に登録されます

住宅ローンは金融商品になるため、その利用状況は個人信用情報機関の信用情報に登録されます。そのため、住宅ローンで延滞してしまった場合には、この延滞情報が信用情報に登録される可能性があります。

もっとも、住宅ローンの中には支払日と約定日という2段階の返済日が設定されているものがあり、支払日に引落しが出来なかった場合でも約定日までに支払いを行えば、延滞遅延金が発生する事無く=信用情報にも延滞情報が登録されないケースがあります。

ただ、どの住宅ローンもこの方式を取っているのか?については、全ての住宅ローンを調査した訳では無いため、その詳細は現在利用している住宅ローン(金融会社)に確認する事をお勧めします。

クレジットカード審査に影響するのは信用情報の延滞情報

先程も説明しましたが、住宅ローンの融資金額自体はクレジットカード審査に影響する事はありません。ただ、住宅ローンの延滞情報については信用情報に登録される可能性があるため、この延滞がクレジットカード審査に影響する可能性は高くなります。

そのため、これはクレジットカードにも言える事ですが、住宅ローンでもその返済は毎月延滞する事無く支払う必要があります。

 

学くん学くん

住宅ローンの返済もクレジットカードと同様で延滞する事無く支払って下さい。