クレジットカード審査では年収も重要な要素です

年収の書き方

クレジットカード審査では、申込者の年収は重要な要素となっています。その理由としては、申込者の年収が少なければ今後仮にクレジットカードを発行したとしてもその後のカード利用状況によってはその利用代金の支払いが遅れる=延滞する可能性があるからです。

クレジットカード会社としては、顧客の債務不履行が一番困りますので、そうならないためにも申込者の年収状況を把握しておく事は重要になるのです。そして、カード審査ではあまりにも年収が低すぎると年収条件だけで落ちる可能性が高くなってしまいます。

そのため、クレジットカード審査では年収が重要になりますが、一言で年収といっても年収には税込と税抜の2種類があり、審査ではどちらの年収を申告したら良いのか?が分からないという人がいるようなので、審査における年収の書き方について今回の記事で説明します。

まずは年収の定義について

クレジットカード審査の際の年収の書き方についてですが、まずは年収の定義が分からないと始まりません。そこで、ここでは年収の定義について説明します。

 

学くん学くん

年収の定義ですが、年収とは1年間の収入の合計の事を言います。そして、基本的に年収とは税金や各種保険料を含めた収入の総額のことを指します。

この年収ですが、1年間の税金も含めた収入の合計になるんですね。これに対して手取り年収は、『年収-税金や各種保険料』になります。つまり、一般的に年収とは『収入+税金+各種保険料』の合計になります。

クレジットカード審査における年収は税込年収で問題ありません

先程も説明しましたが、一般的な年収とは給料の基本給や残業手当や通勤手当などの各種手当の合計になります。そのため、クレジットカード審査ではこれら全ての収入の合計=税込年収を申告して下さい。

もっとも、これは何もクレジットカード審査だけではなく、キャッシング審査や各種ローン審査にも同じ事が言えますので、金融商品審査の際の年収は税込年収と覚えておいて下さいね。

ちなみに、クレジットカード審査においては、年収200万円以下の場合には年収だけで審査に通らない可能性が高くなるため注意が必要です。

 

クレジットカードの審査基準はこちら

クレジットカードの審査基準を知る事が審査通過への近道です昔からそうですが、クレジットカードを作る上で重要な審査について、その詳細な内容は決して表に出る事はありません。もっとも、審査内容の詳細が表に出てくるようであれば、申込年齢さえクリアしていればその基準を満たして審査申込=審査通過になってしまいます。ただ、カードを作成するためには各クレジットカード会社が設定している審査(審査基準)パスしなければ通る事が出来ないため、その基準を把握する事はとても重要になっています。しかし、私たちは今までの経験...

税込年収が確認出来るもの

クレジットカード審査では、いくら税込年収が良いと言ってもどうやって税込年収を確認すれば良いのか?が分からないという人がいるかも知れません。もっとも、毎月の給与明細を保管している人であれば1月~12月分の給与総支給額の合計(ボーナス含む)を計算すれば年間の税込年収を確認する事が可能です。

ただ、それよりもっと簡単に1年間の税込年収を確認出来るものがあり、それは勤務先から貰える源泉徴収票になります。この源泉徴収票は毎年年末頃に勤務先から貰える書類ですが、この源泉徴収票の支払い金額欄に記載されている年収=1年間の税込年収になるのです。

そのため、クレジットカード審査では、この源泉徴収票の支払い金額欄に記載されている金額をそのまま申告して下さい。

 

それと、源泉徴収票の支払い金額欄に記載されている年収ですが、大抵の場合端数があると思いますので、この端数が10万円以下であれば切り上げて申告しても問題ありません。例えば、支払い金額欄に記載されている金額が3,052,357円の場合には年収310万円として申告しても大丈夫という意味です。

しかし、支払い金額欄に記載の金額が200万円程度なのに実際の申告額が300万円というような、実情とはあきらかにかけ離れている年収での申告は止めた方が良いです。というのも、近年のカード審査では勤務先や勤続年数などの情報からある程度年収予測が出来るため、こうした年収の虚偽申告はすぐに見破られてしまう可能性があるからです。

クレジットカード審査では、勤続年数や年収などの属性情報は申込者の申告に基づいて審査が行われるため、このような虚偽申告が発覚した場合には審査では不利になる可能性が高くなるため注意が必要です。

 

学くん学くん

クレジットカード審査では虚偽申告はいけません。

源泉徴収票を探したが見つからない場合には?

勤務先より毎年の年末に貰える源泉徴収票ですが、どこに保管したのかが分からない、紛失してしまったという人がいるかも知れませんが、その場合には勤務先へ源泉徴収票の再発行手続きを行えば再発行が可能です。

ただ、この源泉徴収票を使う場合は、住宅ローンやオートローン、さらにはキャッシング(ある一定の金額以上)などの場合に限られるため、勤務先へ再発行手続きを行えば勤務先に金融商品の利用予定がバレてしまうため、再発行手続きを嫌う人がいるようです。

もっとも、住宅ローンやオートローンであれば、特に隠す必要もなく素直に『住宅ローンやオートローンのため』という理由で源泉徴収票の再発行手続きを行えば良いかと思います。

 

しかし、クレジットカード審査のために源泉徴収票の再発行手続きとなると話は別だと思います。そこで、手元に源泉徴収票が無いという人は無理に勤務先へ再発行手続きを行う必要はありません。

何故なら、クレジットカード審査では源泉徴収票の提出は必須ではなく、年収の申告はあくまで自己申告になっているからです。そのため、源泉徴収票が無い人は見込み年収で申告して下さい。例えば、毎月の給料が30万円(税込)だとしたら、30万円×12ヶ月=360万円で申告しても問題ありません。

 

学くん学くん

源泉徴収票が無い人は見込み年収を申告して下さい。