審査申込情報は信用情報に登録されます

クレジットカード審査落ちの確認

私たちカード利用者がクレジットカード審査に申し込むと、審査申込を受け付けたクレジットカード会社ではその情報を個人信用情報機関の信用情報に登録します。そして、その後は審査申込者の属性情報や信用情報、さらには自社データベースに登録されている情報などを元にして審査を進めていく事になります。

そして、審査申込者に特に審査落ちするような問題が無ければ審査可決後にクレジットカードが発行され申込者の元へ発送される事になります。

ただ、クレジットカード審査に絶対は無いため中には審査に落ちる人もいる訳ですが、実はこの審査落ちの情報は信用情報を確認する事ですぐに分かってしまうのです。それでは、何故審査落ちの情報が信用情報を確認するだけですぐに分かってしまうのか?について今回の記事で説明します。

 

スポンサーリンク


審査申込情報は6ヶ月間登録されます

クレジットカード審査へ申し込むと、この申込情報は信用情報に6ヶ月間登録されます。

 

申込情報は6ヶ月間登録されます

信用情報には何が登録されているの?クレジットカード審査では、クレジットカード申込者の住所や氏名、勤務先などの属性情報と現在及び過去の金融商品利用による支払や延滞などの信用情報を精査した上でカード発行の可否を判断する事になります。まあ、自分の属性に付いては目に見えるものなので、その内容はすぐに判断出来るものですが、個人信用情報機関に登録されている信用情報については信用情報の開示請求を行わない限り私たち一般市民にその内容が分かる事はありません。ですので、審査に落ちて困っている方は、その原因が信用...

 

そこで、審査申込者に特に問題が無ければクレジットカードが発行されて申込者の元へ発送されます。その後、クレジットカード会社ではクレジットカード審査合格=成約したという事で信用情報に成約情報として成約期日を含めた登録を行います。

そして、今後この申込者が別のクレジットカード審査を含む各種金融商品の申し込みを行った際には、申込を受けた金融会社で個人信用情報機関に登録されている信用情報の照会を行う訳ですが、この時先程の成約情報を見れば以前クレジットカード審査に通っている事が分かります。

つまり、クレジットカード審査に通れば信用情報に成約情報が登録される事になりますが、審査に通らなかった場合には何も情報が登録されない=申込情報のみが登録されている状態になってしまうのです。

申込情報のみ=審査に落ちた事が分かります

先程も説明しましたが、クレジットカード審査に落ちると信用情報には成約情報は登録されずに申込情報だけが登録されている状態=この状態を見れば、クレジットカード会社を含めた各金融会社では審査に落ちた事が分かるのです。

そして、クレジットカード会社では審査申込者が同業他社で審査落ちしている情報を確認した場合、審査落ちしたのには何か理由があるのでは?と考え、さらに詳細な審査を行うケースがあります。

 

また、クレジットカード会社によっては、他社で審査落ちしている人に対しては積極的にクレジットカードを発行しようとは考えない会社もあるため、信用情報に審査落ち情報が登録されていない場合と比べ審査に通らない可能性が高くなってしまうのです。

そのため、基本的に個人信用情報に申込情報のみ登録されている人は、この申込情報が削除されるまでの6ヶ月間は他のカード審査には申込を行わない方が良いです。

特に、現在クレジットカード審査に通らなくて困っている人は、出来る限り不安要素を無くしてから審査へ申し込む必要がありますので、こういった不安要素は取り除いてから審査へ申し込むようにして下さい。

審査に通るためには些細な事でも見逃さない事が重要です

先程も少し説明しましたが、クレジットカード審査に通らない人はその原因を究明する事も必要ですが、それと同時に審査への不安要素は出来る限り取り除くことが重要になります。

その点において、今回の信用情報に申込情報のみ登録されている状態は、クレジットカード審査に対してあまり良い状態とは言えませんので、どうしても今すぐクレジットカードが欲しいという場合ではない限り、信用情報から申込情報が削除される6ヶ月間待ってから申込を行って下さい。

 

もっとも、いくら早くクレジットカードが欲しくても、審査に対して不利な情報が登録されていると通るものも通らなくなってしまう可能性が高くなってしまうため、あまり得策とは言えません。

そのため、クレジットカード審査に通るためには、少しの我慢も必要になります。特に、こうした時間が解決してくれる問題では焦らず時間に問題を解決してもらう事も必要になります。

 

学くん学くん

クレジットカード審査に通るためには、時として時間が掛かる場合もあります。