KSCは銀行系金融会社が加盟しています

KSCへの開示請求

このKSCはCICやJICCとは違い、銀行及びその系列金融会社が主な加盟金融会社になっています。そのため、CICやJICCのように信販系や流通系などとは異なった系統になっていますので、銀行または銀行系のクレジットカード審査は他系統と比べ少し難易度が高くなっています。

ただ、いくら難易度が高くなっているとはいえ、ゴールドカードやプラチナカードなどの高ランクカードとは違うため、しっかりと審査前の事前対策を行っていれば審査に通る事はそれほど難しくはありません。

しかし、それでも銀行または銀行系クレジットカード審査に通らない人がいる事も事実になりますので、そういった人はまずはこのKSCへ信用情報の開示請求を行い、どのような情報が登録されているのか?について確認する必要があるのです。

 

スポンサーリンク


KSCへの開示請求で発生するメリットについて

ここからは、他個人信用情報機関の加盟金融会社とは異なる金融会社が加盟しているKSCへの開示請求で発生するメリットについて説明していきますね。流通系や信販系ではなく銀行または銀行系のクレジットカード審査に通らない人は、まずはこのKSCへ信用情報の開示請求を行う必要がありますので、そのメリットとデメリットを確認しておく事は重要になります。

KSCに登録されている信用情報の中身が分かる

これも、CICやJICCと同様で、KSCに信用情報の開示請求を行う事によって、現在KSCにどのような信用情報が登録されているのか?についての確認を行う事が可能です。銀行または銀行系のクレジットカード審査に通らない人は、属性情報もそうですがKSCの信用情報にも何らかの問題がある可能性が高いため、KSCへの信用情報開示請求は必須となります。

また、このKSCでもCICやJICCと同様で、ごく稀に登録期間が過ぎている金融事故情報が登録されている場合があるため、開示報告書を確認してそのような情報の登録があった時には早めに情報の削除依頼を行って下さい。

 

信用情報の登録期間はこちらの記事で

信用情報には何が登録されているの?クレジットカード審査では、クレジットカード申込者の住所や氏名、勤務先などの属性情報と現在及び過去の金融商品利用による支払や延滞などの信用情報を精査した上でカード発行の可否を判断する事になります。まあ、自分の属性に付いては目に見えるものなので、その内容はすぐに判断出来るものですが、個人信用情報機関に登録されている信用情報については信用情報の開示請求を行わない限り私たち一般市民にその内容が分かる事はありません。ですので、審査に落ちて困っている方は、その原因が信用...

KSCの登録期間もJICCと同様で少し微妙な言い回しです

CICの信用情報登録期間は6ヶ月や5年間など、きちっと区切られているのに対して、このKSCの信用情報登録期間はJICCと同様に5年を超えない、1年を超えない期間など正直なところ曖昧な言い回しになっています。

という事は、信用情報を登録する加盟金融会社によっては規定の信用情報登録期間よりも短くなっているケースがあり、規定の登録期間前でも金融事故情報が削除されていた事があるのです。(事例有り)

そして、こういった事は実際にKSCへ信用情報の開示請求を行ってみないと分からない事なので、これもKSCへの開示請求におけるメリットと言えます。

KSCには官報情報が登録されています

このKSCですが、CICやJICCには登録されていない情報があり、それは官報情報になります。ちなみに、この官報情報とは随時更新されている法令の制定や改定、さらには破産や相続などの裁判内容などの各種情報が掲載されている政府系機関が発行している刊行誌となっています。

そして、この官報に掲載されている情報の中で、破産情報はクレジットカード審査はもちろん住宅ローンやオートローン審査にも影響を与える情報ですが、KSCにはこの破産情報が10年を超えない期間登録されているのです。

そのため、過去10年以内に自己破産をしている人は、KSCに破産情報が登録されているのか?削除されているのか?について、信用情報の開示請求によって確認する事が可能です。

 

学くん学くん

JICCと同様にKSCの信用情報の登録期間は曖昧な表現となっているため、どの程度の期間信用情報が登録されているのか?については実際に開示請求を行ってみないと分かりません。

KSCへの開示請求で発生するデメリットについて

KSCへの開示請求で発生するデメリットですが、これもCICやJICCと同様に開示手数料が発生する事になります。ちなみに、KSCへの信用情報の開示請求はセンターへの郵送による申込のみの受付となっており、その開示手数料は1,000円となっています。

この1,000円があれば、銀行または銀行系金融会社が加盟しているKSCに登録されている信用情報の中身を確認する事が出来ますので、その後の銀行または銀行系系クレジットカード審査への事前対策に十分役に立つ事が可能です。

もっとも、これは銀行クレジットカードに限った事ではありませんが、現在クレジットカード審査に通らない人の大半が信用情報に何らかの原因が登録されている可能性が高くなっているため、そういった人は個人信用情報機関への信用情報の開示請求は必須になります。

 

学くん学くん

信用情報の開示請求におけるデメリットは手数料のみとなっていますので、現在クレジットカード審査で困っている人は必ず信用情報の開示請求を行って下さい。