エネオスカードは自動車運転者の強い味方

エネオスカード

ENEOSと言えばガソリンスタンドのイメージが強いと思いますが、このENEOSではクレジットカード会社と提携して自社系列での利用でかなりお得になるエネオスカードを発行しています。

もっとも、日本国内のガソリンスタンドは競争が激しいため、いかにして自社顧客を確保するのか?がかなり重要になっていますので、このENEOSに限らず他のガソリンスタンド(出光やコスモ石油など)からも提携クレジットカードが発行されています。

 

そして、このエネオスカードですが、日頃のエネオスカード利用金額に応じてENEOSのガソリンスタンドでガソリンや軽油が大幅に割引になっています。大幅な割引なので1円や2円ではありません。最大でガソリンや軽油が1リットルあたり7円もの割引があるんですね。

7円もの割引は、普通のガソリンスタンドでは考えられませんが、ENEOSではこのエネオスカードの利用金額によってはそれを実現しているのです。1リットル7円の割引だと50リットルで350円もの割引になるため、日頃から自動車を運転される人にとってはかなりお得なクレジットカードとなっています。

そこで、今回の記事ではガソリンや軽油価格がかなりお得になるエネオスカード審査について説明します。このエネオスカードは自動車を運転される人には必須のクレジットカードになりますよ。

 

スポンサーリンク


エネオスカードのスペックについて

まずは、トヨタファイナンス株式会社と三菱UFJニコス株式会社が発行しているエネオスカードの簡単なスペックについて解説します。

 

学くん学くん

エネオスカードのスペックは下記の通りです。

credit_cardicon エネオスカード

エネオスカード
お勧め度 4.0
年会費 2.5
利便性 4.0
申込年齢 18歳以上(高校生不可)、電話連絡が可能な方※ネット申込の場合は20歳以上
家族カード 付帯有り(年会費無料)
ETCカード 付帯有り(年会費無料)
pointicon還元率 0%(キャッシュバック)~3.0%※カードによって異なる
発行期間 約2~3週間程度
付帯保険 盗難保険
ブランド
 
管理人のレビュー
日本のガソリンスタンド大手のENEOSが発行しているエネオスカードですが、このカードには3種類があり、Cタイプ、Pタイプ、Sタイプとなっておりそれぞれに特徴があります。そして、Cタイプのカードでは何とガソリンや軽油が1リットルあたり最大7円引きになるんですね。
 
恐らくこの7円引きは、クレジットカードの中では1番割引金額が高くなっていますので、日頃から自動車を運転される人にはかなりお勧めのクレジットカードになります。また、家族カードやETCカードも付帯しているため、家族の中で自動車を運転される人が多い場合にはもってこいのカードと言えます。

公式サイトはこちらから


エネオスカードにはロードサービスが付いています

ガソリンスタンドチェーンを展開しているENEOSなので、このエネオスカードにはドライバーにやさしいロードサービスが付いています。車の故障やトラブルはいつ起きるか分かりませんが、故障やトラブルがあった際に電話すると、およそ30分~1時間程度でロードサービス担当者が駆けつけてくれます。それも24時間365日です。

このエネオスカードに付いているロードサービス、車の故障やトラブルにあってしまうと、とても不安になってしまいますが、そんな時の強い味方になってくれるでしょう。また、全国のオリックスレンタカーを利用の際にエネオスカードを利用すると10%の割引を受ける事が出来ます。

エネオスカードの審査状況はこちら

ここからは、ドライバーに人気のエネオスカードの審査状況について説明します。今後エネオスカード審査への申し込みを考えている人は是非参考にして下さい。

 

学くん学くん

エネオスカードの申込条件

このエネオスカードの申込条件ですが、

18歳以上で電話連絡の取れる方。

となっています。もちろん、18歳以上でも高校生は審査の申し込みは出来ませんし、未成年の場合には親の承諾が必要になります。

 

学くん学くん

トヨタファイナンス株式会社が加盟している個人信用情報機関

このエネオスカードは、元々株式会社三菱UFJニコスから発行されていましたが、近年になってトヨタファイナンスからも発行されるようになりました。

そして、クレジットカードは新規発行後しばらくは新規顧客獲得のため通常よりも審査難易度が低くなっていますので、クレジットカード審査に不安のある人はトヨタファイナンスから発行されているエネオスカードをお勧めします。

そこで、このトヨタファイナンス株式会社が加盟している個人信用情報機関は、株式会社シー・アイ・シー(CIC)のみとなっています。つまり、基本的にCICに重大な事故情報が登録されているとエネオスカード審査に落ちる可能性が高くなるため注意が必要です。

 

学くん学くん

株式会社三菱UFJニコスが加盟している個人信用情報機関

こちらの株式会社三菱UFJニコスが加盟している個人信用情報機関は、株式会社シー・アイ・シー(CIC)と株式会社日本信用情報機構(JICC)の2機関になっています。

先程のトヨタファイナンスがCICのみの加盟だったことを考えれば、同じエネオスカードでも三菱UFJニコスが発行している方が審査が厳しめになっているため注意が必要です。

 

学くん学くん

エネオスカード審査に通るためには

このエネオスカード審査では、トヨタファイナンス=流通系、三菱UFJニコス=信販系となっているように、流通系クレジットカードの方が審査難易度は低めとなっています。そのため、トヨタファイナンス発行のカードであれば、信用情報に特に金融事故情報の登録が無く属性情報も一般的な審査基準を満たしていれば審査に通る可能性が十分あります。

 

クレジットカード審査基準を抑える事は重要です

クレジットカードの審査基準を知る事が審査通過への近道です昔からそうですが、クレジットカードを作る上で重要な審査について、その詳細な内容は決して表に出る事はありません。もっとも、審査内容の詳細が表に出てくるようであれば、申込年齢さえクリアしていればその基準を満たして審査申込=審査通過になってしまいます。ただ、カードを作成するためには各クレジットカード会社が設定している審査(審査基準)パスしなければ通る事が出来ないため、その基準を把握する事はとても重要になっています。しかし、私たちは今までの経験...

 

もっとも、三菱UFJニコス発行のカードは信販系に分類されますが、信販系クレジットカードも一般的なクレジットカード審査基準を満たしていれば十分審査に通る事は可能です。

 

学くん学くん

エネオスカード審査の口コミ

ネット上のエネオスカード審査の口コミには、主に下記のようなことが書かれていました。

●会社員はもちろん自営業者やパート・アルバイト、学生などの職種でも審査可決実績がある
●60代以上の年金受給者でも審査可決実績がある
●新卒後半年程度での申込でも審査可決実績がある

 

会社員や自営業者、パート・アルバイト、学生などの審査可決実績が多数報告されているところをみると、あまり職種による有利不利は考えられません。もっとも、どの職種の人でも自動車を運転する事があると思いますから。

そして、60代以上の年金受給者でも審査可決実績がありましたので、他の属性情報や信用情報にもよりますが年金受給者でも審査に通る可能性があります。

 

また、エネオスカードはENEOSのガソリンスタンドで使う事によってかなりのメリットを受ける事が可能なので、新卒後でも積極的に自社顧客として取り込みたいという思惑が見て取れます。

もっとも、自動車を運転されている人の年齢層は18歳~70歳、さらには80歳代まで幅広くなっていますので、他のクレジットカードとは少し違って狙いの顧客層が広くなっている印象を受けます。